千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

ランサーズ、クラウドワークスの単価下落から逃れる

今日も仕事が終わりました。2記事ほどできなかったので明日に持越しです。

月末なので収入を調整するためにいろいろ仕事量を増やしています。

 

この前、クラウドワークスで仕事を検索したら、500文字10円と言うのがあっておどろきました。1000文字20円です。文字単価0.02円です。それでもそこそこタスクが集まっていて驚きました。

私がクラウドソーシングに登録したのはちょうど1年前。そのころから比べても単価が下落傾向にあります。

単価が下がっても、仕事の量が増えれば、市場規模は維持されることになります。実際、クラウドワークスは上場しましたし、ランサーズも資金調達に成功しています。

 

なので、ライターの単価が下がっているとはいえ、市場規模が縮小していると言うわけではないのです。

そして、単価が低いとお嘆きの前に、まずはその安い仕事がなければ自分はライターですらないということを肝に銘じなければなりません。

 

私も最初にやった仕事は800文字で200円でした。でも、受注できたときは嬉しかったです。そんな私でも、500文字10円はびっくりします。

 

でも社長こと彼氏は、そんなの気にするなといいます。安い仕事をやりたい人はやればいいのだから、と。

 

単価下落から逃れる方法はいろいろありますが、私が行っている作戦のひとつは、徹底してプロであり続けることです。私は馬鹿でへらへらしていますが、昔から、仕事だけは一生懸命やってきました。オンライン上であっても、それはクライアントに伝わります。

 

私はこれまで、1文字1円で働いてきましたが、これだと一日12500文字も書かないといけません、一時間1000文字かけたとしても12時間以上労働する必要があったのです。それでもいいので働いてきましたが、最近は単価があがってきました。3円ぐらいで書いています。

そうすると1記事あたりにじっくり時間をかけられるので質も上がるし、クライアントも喜んでリピートしてくれるし、いい事尽くめです。

ただし彼氏こと社長は、仕事のペースを落とさず収入を3倍にしろと言って来ますが・・・。

 

単価を上げることも、自分のスキルアップ、キャリアアップだと思って挑戦してきました。フリーランスは雇われていないのでキャリアアップは自己責任でルールもありません。私はそこを、単価をあげる、つまり市場で評価されることをもってキャリアアップであると設定しているのです。

 

単価が上がって仕事もだいぶ楽になりました。ちなみに今月は、あるクライアントが、前の仕事に対して38000円も多くボーナスを振り込んできてくれました。配慮のあるクライアントで、感謝、感謝です。