千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

統合失調症なのか集団ストーカーなのか。

今日は月に一度の精神科への通院日でした。

 

私は障害者センターにも通っていたので、統合失調症の知り合いは何人もいます。親しくなると彼らが必ず言うのが「ストーカーに追われてる」という体験話です。

 

「GPSをつけられて黒いスーツの人に追われてる」

「バイト先の店長が宅配便の格好をして自宅に来た」

「取引先の建設会社がストーカーしてくるので事務所に乗り込んで暴れた」

「ずっと後をつけられてる」

 

みんな言いますね。

でもこれ、本人にとっては事実なので、すっごくつらいことなんですよ。

私も元気にライターしていますが、統合失調症なのは事実で、集団ストーカーで入院歴があります。私の場合もGPSがつけられて家に乗り込んで殺されると思い込み、2ヶ月間ほど生きた心地がしませんでした。最終的に殺されると大騒ぎして救急車を呼びそのまま入院コースです。

 

ネットでも、統合失調症の人による自称「被害報告」がたまにあります。

 

2chcopipe.com

 

↑この人はイラストレーターの女性で、カルト教団やマルチ団体が自分を監視していると思い込んで、警察に駆け込んだり病院にいったりしているけれど、電波による嫌がらせが病まないとか。通りすがりで携帯見てる人までストーカー扱いして、むちゃくちゃ言ってますけど本人はつらいんです。

 

www.youtube.com

 

この人もすごいですねえ。ヤマトの配達員の方も、飾っているぬいぐるみも、ぜんぶストーカーの陰謀です。これだけ追われていたらつらいでしょう。

 

客観的に見てると、「そんなわけないじゃん」って思うんですが、当人にとってはリアルなんです。現に私もあちこちで監視されてると思い込み、入院するまで本当につらかったですから。入院しても、ストーカーが仮病でついてきてると思い込んだり、外の駐車場でクラクションが鳴ったら「監視してるぞっていう合図だ!」って騒いで看護師さんにヨシヨシされたり、大変でした。医者も看護師も信じられなくて、つらかったです。

 

退院してもストーカーが止まなかったら死のうと思っていたのですが、退院して家に帰ると、静寂が待っていました。

 

今日の診察はこの思い出話と、ネットにある漫画や動画の話になり、医者は私のことを「薬があってたんだね」といってました。

Youtubeにアップされてる集団ストーカー動画の話をしたら、医者がずいぶんくいついてきて「通りすがりの車や自販機でジュース買ってる人を撮影してるの?」とか「それをみてどう思った?」とか、ノリノリで話を聞かれました。

 

ひとことでいうと「可哀想」です。

統合失調症じゃない人は、この手の妄想を馬鹿にして、「医者いけ」とか安易にコメントしちゃうのかもしれませんが、本人はすっごくつらいんですよ。それを理解してもらえたら嬉しいです。

きついコメントを打っても、それを見たご本人が「またストーカーされてる」って思っちゃって悪循環ですからね。

 

ちなみに医者によると、多くの人が同じ症状を訴えるので、やはり脳の問題であると言う点、薬をやめたら9割再発すると言う点、100人に1人はなるという点、原因はよくわかっていないということも教えてもらいました。

 

原因はよくわからないけれど、皆が同じ症状(ストーカー被害)を訴える不思議な病気・統合失調症

 

怖いのは、暴力的な素質がある患者さんが逆ギレして暴れることですよね。私の知り合いも、ボクサーなんですが取引先で大暴れして強制入院し、手足を縛られて2ヶ月ほど監禁されたといっていました。暴れる患者さんは、拘束されてうんち垂れ流しの刑に処されるんですよ。男も女も垂れ流しです。

 

私も閉鎖病棟に入ったときに、ベッドに拘束器具があったのですが、私は大人しいので何もされませんでした。鉄格子につかまってヨガとかしていて、監視カメラで笑われましたね。

 

私の場合は投薬と入院でだいぶ落ち着きましたけれども、一人暮らしなのに精神障害者手帳1級が発行されているので、病状自体はだいぶ重いんです。

 

統合失調症の人を見かけたら、病院へ連れて行ってあげてください。それがむりなら、せめて温かい目で見てあげてくださいね。ストーカーを否定しても、逆効果ですから。

 

 

クラウドソーシング「ランサーズ」