千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

ランサーズの匿名ライターからニュース速報ライターへ

最初のころ、1件1000円の記事を真夜中までかかって一生懸命書いていた私。

収入は30万だったので、手数料分も合わせると一日12500文字も書いていたわけです。早く仕上げて稼ぐこともできるかもしれないけど、質を大切に・・・

 

そうしてると、徐々にスピードもあがってきて楽になってきました。

 

そして、社長の指導で顧客を開拓してもっと高単価の案件を受けるようになりました。1文字1円で仕事をずっと流してくれる安定を選びたかったのですが、社長は単価を上げろといいました。その結果、月収は40万、54万、そして先月は60万になりました。ほとんどランサーズ&クラウドワークスだけの売上です。

 

そして今月から、誰もが知ってる超大手メディアで速報をながすライターに採用されました。がんばってる私を人はみていてくれたのでしょうか?

 

ランサーズもメディアの依頼は多いのですが、やっぱり中小でがんばっている企業が多いですね。それはそれで超応援しているのですが、今回は巨大資本の入ったメディアのライターです。

 

今日は朝からさっそく企業に電話を2本かけ、どちらも上場企業で緊張しました。まあお客さんとの電話は緊張するんですが・・・。

 

かたいっぽうは、メディアの王様・電○様です。

 

これって、私、ランサーズの受託ライターから、メディア業界人になったんじゃないの?なんて冗談いって浮かれている私ですが、社長は厳しい顔。

単価も高いし、仕事量も多いし、実績になるし、いいじゃん?と思ったのですが社長は

 

「おい、回収ちゃんとしろよ!」

 

と厳しい指導が入りました。たしかにランサーズは仮払いがありますから、万が一クライアントが逃げても確定してくれるんです。

でもフリー契約だと、未払いで逃げられたら偉いことです。

 

超大手だから大丈夫だよ、と言ったのですが、社長は厳しい顔。社長はネットメディアなんて関心ありませんから、会社がうまくいくことだけを考えているのです。

 

今日から毎日しっかり帳簿をつけることになりました。

どのメディアで単価いくらで何本書いて、入金日はいつ・・・これをノートして社長が日々チェックし、売り掛けの回収まで気を抜かない、万が一未収が発生したら裁判できるよう常に証拠を記録すること。入金管理は社長が担当。回収までが私の仕事。

 

ガッツリ指導されてしまいました。

 

ランサーズだとプロジェクト管理があるのでぱぱーっとクリックしたらだいたい動きがわかるのですが、自分でやるんですから自分で帳簿を管理です。そう考えると、クラウドソーシングは手数料20%取られますが、楽なシステムですね。

 

というわけで、自分用のメモ、お客様への請求書、社長に見せる帳簿と、毎日3つも管理しないといけなくなった私です。寝るのが15分遅くなるじゃないか。

 

でも、会社に頼らず行き抜く以上、金の回収までが仕事だと言う社長の厳しい指導は正しいのかもしれません。

お客さんの発言はすべて記録に残して、売り掛けを回収していきたいと思います。