千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

日本一楽な仕事、独立行政法人

私は統合失調症になったあと、少しでも負担の少ない仕事をもとめて、独立行政法人非正規社員として事務をやっていました。

 

医者とカウンセラーは「生活保護うけて!」って言ってたのですが、イヤだったので病気を隠して1年契約の仕事を見つけました。給料は176000円。

 

そこには、想像を絶する楽な仕事が待ち受けていました。

仕事は、全力でやれば一日1時間で終了。

誰も見ていないイントラネットのページをGoogleアナリティクスで分析してレポートにまとめる。

 

そしてなにより、彼らの仕事は「自分たちの給料を計算する」のが仕事なのです。

 

はぁ?馬鹿じゃねーの?一ヶ月かけて自分たちの給料計算するのが仕事?現場は非正規にまかせて?

機構を廃止したらその仕事もしなくてすむっての!

 

まー楽でした。

 

私は社員の給料が全部みえて、貯金額もわかる部署にいたのですが、なんなんだこの世界は・・・と衝撃でした。

 

みんな結構必死で、一生懸命確実に給料計算をしようとキビキビ働いていましたけど、そんな仕事に何の意味があるのか・・・。

 

それでも年功序列で給料があがっていって、30ぐらいの女性で450万、40歳で500万、定年ギリギリだと1000万です。もちろん完全定時帰りです。

 

紙も無駄に使うし、無駄な広報ばっかり発送して、それの宛名シールを丁寧に張るのに残業して、「激務だ」ってマジで言い合ってる。正気ですか?

 

社内の融資の部署にいたのですが、公務員の給料10%削減にあわせて独法も給料が下げられ、「給料が足りなくて転勤できない!」とか言い出す人が続出。どんだけ高給にあぐらかいて適当に生きてるんだ・・・。

 

派遣でも年休20日付与だし、夏休みも4日付与。楽勝です。

タイムカードもないですし、ボーナスだってあります。めちゃくちゃ楽でしたよ。

 

正規職員の方々は、1時間で仕事おえてのんびりしている私を見て「仕事しろ」とか「お金がないくせに」とか言ってましたけど、知ってるんですよシールはりで残業してること、あと子供をムリに私立に入れて実は社内融資受けてること・・・

 

ただひとつ笑ったのは、独法は最近の財政危機で急な本社移転があり、みんな2時間とか3時間とかかけて超長時間通勤してることです。シールはりのために片道3時間とかマヌケすぎる。。。私は自転車でしたけど、年収400万もらっても往復6時間なんてムリです。

 

退職金も容赦なく数百万カットされたりなど、結構独法を取り巻く状況も厳しいみたいですけど、それでも50代でなんもしてないおじさんが1000万もらってましたね。ノンワーキングリッチってやつです。もちろん定年後は再雇用です。天下りのジジイもいましたよ。個室つきで年収800万です。もちろんなんもしてないし、同僚の天下りのジジイと交流してるだけです。

 

独立行政法人で40年ぐらい働いて、非効率な事務やって、何が楽しいんでしょうね?生涯生活には困らないかもしれませんが、それによって失うものはあまりにも大きいです。

 

きっと流出事故起こした日本年金機構も同じだと思いますよ。本人達は超マジメな準公務員で、キリっとしながらウイルスメールクリックしたはずです。

 

でも非正規職員としては究極に楽でしたね。

当時は、「世の中にはこんなに組織に守られて楽な仕事で高給をもらってる人生を歩んでる人たちがいるのか・・・」と衝撃でしたが、自分で稼げるようになると、ほんとにもう今すぐつぶしたほうがいいと思いますね。

 

大量の公務員、準公務員、天下りを養うどころか、無能な人たちに予算を流して国を傾かせてる国賊ばっかりですね。