千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

「明日から本気出す」の明日が来た

f:id:toushitsufukei:20150718203136j:plain

今日はお昼からおでかけしました。

「たまには俺の好きなラーメン屋にもつきあえよ」っていわれて、電車に乗って一緒にラーメンを食べに行きました。

そこでなんと、チャーシューメンを頼んでいいと許可がおりたのです。

普通のラーメンなら690円。チャーシューメンは930円。めっちゃセレブじゃないですか。おなか一杯になりました。

社長はチャーシューメンに油多め麺かためなどのオーダーをいれていました。

 

その後はふたりでデパートにいきました。私はメンタルが貧困層なのでデパートは敷居が高いのですが・・・iPhoneケースを探したのですが、なかなか安いケースでは社長が気に入るようなデザインはなく・・・「miumiuとかで買ってやろうか?」って言われたんですけど、ハイブランドはケースじゃなくポーチみたいなのが多いので使いにくそうなんですよね。それにあまりにも高すぎるものはなんだか気が引けて断りました。

 

社長はお小遣いから6000円のTシャツを買っていました。

 

帰りに、私がよく読んでいるブロガーのちきりんさんが「お年玉はソッコーで使うべし」みたいなエントリをあげて正月に炎上したんだよっていう話をしたところ、「ちきりんは知らないけど、それは正しい」って社長はいってました。

 

つまり子供時代の5万円は、大人になったら感動がなくなるので、子供時代に使って失敗や成功をして体験を買うべきだというのです。

 

だから社長も私にハイブランドを買ってくれようとするのですが、どうしても気が引けるんですよ・・・

 

でもたとえばやみくもに使えといっているのではなくて、ちきりんはキャリアウーマン時代にも電気を夜はお得にするプランに加入していて「夜11時になるまで洗濯しない」みたいなことをつぶやいていましたし、社長だって不要だと思ったものには一切お金は使いません。カフェも行きません。冬でも暖房つかってないみたいですし、電気代は月1000円だっていってました。

 

私がお小遣い0円なのも、私がお金を持ったら買い食いするからです。

 

「考えてみろ、俺とオマエで毎日缶コーヒー飲んだら一年で9万だぞ」と言っていました。たしかにそうです。それなら缶コーヒーを我慢して、1年後にバーバリーのカシミアマフラーを買ってかっこよくなりたい、というのが社長のポリシーです。

 

というわけで私は生活費を徹底管理されていて、病院にいってもスーパーにいってもレシートとおつりを提出させられるのでお小遣いはありません。病院にはお茶をもっていっています。なければ水を飲みます。

 

この生活にしたおかげで、派遣時代でも十分に貯金できましたし、今もライターで稼いだお金は全額貯金しています。

 

そんな私にも欲しいものがあって、それがカワイイ雑貨です。カラフルなクリップやペン、メモ帳などが身の回りにあれば仕事もゴキゲンでできます。特に最近はお客さんとの電話が増えてきたのでメモ帳は欠かせません。これまで東京ゲームショーでもらった無料のふせんをつかっていたのですが、なくなってきたので買ってもらいました!一個300円です。

 

ぶたさんとペンギンさん、かわいい~これで仕事がんばれちゃいます。たった300円のチャーシューとメモ帳でこれだけやる気がでるのですから、ほんとに私はデフレの申し子というか、なんというか。

 

仕事でもっともっと稼いで行きます。「明日から本気出す」の明日が来たのです。

 

広告を非表示にする