読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

精神科医って何を根拠に治療してるの??

f:id:toushitsufukei:20150805203527j:plain

今日は精神科の通院日でした。

医者に報告しないといけないのは、こないだの3時間ぐらいつづいた過呼吸のこと。

医者に話すと、「3時間も続くって事は、過呼吸だけじゃないのかもね~」とのこと。

なんか強めの薬をもらいました。

 

呼吸器科の医者もいってましたが、原因は明らかにストレスとプレッシャー。精神科の医者には前からライターはじめたことはいってあったんですが、「実は●●新聞社の仕事を請けるようになって、それがちょとプレッシャーで・・・」というと、医者びっくり。

 

「え、原稿もらってそれをタイプしてるとか?」

 

って聞かれたんですけどそうじゃないですよ。ちゃんとやってます。外には出られないので電話取材とかですが・・・。

これまで、私の主治医は働くことに反対で、生活保護うけろってうるさかったんですよ。公立病院の医者なのでそんなに変なお医者さんではないのですが、病気が重いから働くな、ナマポナマポって毎回いわれてたんです。

 

でも今回は、

 

「いや~それは続けたほうがいいねえ。たしかにその仕事はプレッシャーかかると思うけどね、続けたほうがいいと思う」

 

って言われました。

 

なんで?ランサーズならうさんくさいけど、●●新聞なら超有名だから?やっぱ医者って保守的っていうか権威主義っていうか・・・やってることは同じなのに、なんで意見が変わるの???

 

「親も喜んでたでしょ!」

 

って言われたけど、うちの親はむしろ体の心配してくれましたね。社長のお母様は超ビックリしてましたけど。。。

 

ネームバリューっていうのは他人にフカシを効かせる時は有効だけど、中小でも個人でも、そこより高い単価を払ってくれるお客さんはたくさんいるわけで。私はいいお客さんは知名度に関わらず大切にしていきたいですね。

 

完全在宅のライターというと、やっぱり下に見られるといいますか、なんでも想像力とネットで解決しているのは格が低いかもしれません。

 

でも誰かがやる仕事なわけで、障害者がそれを担当するのは非常にいいことだと私は思うんですけどね。とにかく、人嫌いで家からでたくない&病気で出られないの理由で、完全在宅で働いています。

 

でもお客さんには病気があることは話したことはありません。プロフィールにも書いていません。そんなことを言い訳にしたくないし、そんな病歴カミングアウトしても不利にしかならないからです。

 

とにかく、ランサーズをやってるときは医者には働くなと言われていましたが、●●新聞社だったらいいそうです。わけわかんないですけど、許可が取れたので精神的に追い詰められないよう工夫しながら働いていこうと思います。

 

「履歴書に書けるね!」

 

って言われたんですけど、もう雇われる働き方はごめんですので履歴書は二度と書きたくありません。

 

心の病で正社員をドロップアウトした人が、自宅でライターするのはとてもいいことだと思います。たとえばブラックITでメンタルを壊した人とか。スキルが活用できて自立もできて、社会のためになりますよね。ライターはライターで激しい競争があるので、あまりにメンタルが弱いと通用しませんが・・・

 

ちなみに病院代を社長からもらって「暑くて倒れそうだからお茶飲んでしまった」って嘘つきました。実際はポテチ食べました。ごめんなさい。社長にはごまかしますけどお客さんにはごまかしませんので許してください。

 

今日もジャスト50000円ぐらいであがれると思います。今日はニュース3本出しました。

 

広告を非表示にする