千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

仕事ヤリマンは愛され知らなガール

f:id:toushitsufukei:20150807160544j:plain

画像に意味はありません。

 

ランサーズアカウント(@lancersjp)をフォローしていると、ランサーズのさまざまな情報が流れてきます。楽しいのが、最近はじまった「THE LANCER」というメディア。いろんな人ががんばっているのを読むことができます。

 

月収45万を稼ぐフリーライターの提言|時間管理するフリーって? | THE LANCER(ザ・ランサー)

 

非常に面白いのがこの発達障害のライターの男性。勤め人ができなくてライターに進出したところも似ていますね。

 

実は私、この方のアカウントは以前からお気に入りにいれていました。文章が非常にうまく、一時期はランサーズのトップに立った人です。アカウント名がアスペマンですから、アスペルガーなのかと思っていたら、やっぱりそうですね。

 

昔はこの方、プロフィールに単価5円って書いていて、そんなに高いのかと驚きましたが、今は単価2円になっていますね。ちなみに1円の案件に入札しているのも見かけます。単価さげたのでしょうか?

 

考えられるのは、高単価の案件は全部私が取っていったので下げざるを得なかったと言うところです。2ヶ月前ぐらいには私相当やってましたので。でもそこは競争なので仕方のないことです。

 

THE LANCER、おもしろいなーと思うのですが、もうひとつ思うのですが、なんで私じゃないのかと・・・手数料だっていっぱい払ってきたし、何人かランサーズに登録してもらったし、アフィリエイトだって貼ってるのに・・・

 

社長には「そりゃオマエがクラウドワークスと浮気してるからだろ」と言っていました。ランサーズから電話が来たときも「クラウドワークスでもやってますよね?」って聞かれたし。やっぱりヤリマンはダメですか。ヤリマンでもいいけどバレちゃだめってことですね。

 

始まりは月給1万円|三児のパパ・ライターが語る、フリーランスの営業ノウハウ。 | THE LANCER(ザ・ランサー)

 

この方はランサーズのトップ画面に出てくる人ですね。発達障害の方はかなり文章うまいですがこの方は普通で、住宅ローンと子供三人って大丈夫なの?と思ってしまいますが、おそらく人柄が非常にいいのだと思います。

 

単価5円をキープすると、一日3000文字を毎日書いただけで月45万になりますから。3000文字だと午前中で終わります。そしたら午後は家事したり子供と触れ合ったり、すごく充実した人生が送れると思います。

 

そういう生き方もいいな、って思います。

単価5円でやってくには、ランサーズ外に出る必要があり、それだと今度は入金が遅くなるのです。中小メディアだと入金が早いところもありますが、大手だと75日サイクルだったりします。だから生活を維持するには厳しくて、なのでライターの業界には女性、とくに主婦が多いのですね。

 

単価なんてあっという間にあがりますし、TOP100にもすぐ入れますし、月45万ぐらいだったらどんな方でもいけるのではないかと思います。ランサーズは主婦や副業が8割で、専業のライターはほとんどいませんのでかなり競争優位です。でもまあ、今からやると、競争相手として上記の人にくわえて、仕事ヤリマンの私がいますけれども・・・

 

なんでランサーズは私を取り上げてくんないのかなあ、やっぱり発達障害の人がいるし、かぶっちゃうからね。それに着てく服もないしなー。なんて言っています。

 

ま、実際のところはこのTHE LANCERの記事は公募制みたいで、一記事2000円なんで、日々の売上にキュウキュウしている私には手間がかかりすぎるから応募しないんですけどね。お客さんがこれみて依頼してくるとは考えづらく、完全に働く側とドヤするための案件だと思います。

 

でもヤリマンではない一途な方はいいのではないかと思います。

集中力が切れたのでくだらないことを書いてみました。