千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

webライター三界に家なし

f:id:toushitsufukei:20150815195055j:plain

今日の売上です。

 

専門記事 6000円
ニュース 5000円
専門記事 5000円
専門記事 15000円

合計31000円。少なすぎる。

 

社長は大激怒して「明日はもうラーメンつれていかねえ!」って言ってましたが、そんなことより今日はお客さんにかなりコッテリと絞られました。

 

今日は朝から全体的に集中力を欠いていたのもよくなかったのです。

ただ、書き方を細かく指導してくれるお客さんは、ほんとにこっちの能力を伸ばしてくれるので・・・向こうも「育って欲しい」と言ってくれていますし、向き合っていくしかないのです。

 

何も言わないお客さんは、黙って去っていくか、こっちの文章を元ネタに書き加えて都合のいいように使い捨てられるだけですから。

 

ああもうほんとうに、逃げ場がないなあ。

 

外に出ればときどき激しいせん妄が出るし、軽い病気ならまだしも重たい障害を抱えていて心身に負担の少ない仕事は見つからないし、仕事の悩みをいえばお医者さんはナマポをすすめてくるし、社長とは仕事の話ばかりだし、お父さんお母さん義理のお母さんには元気でやってるといいたいし。

 

私が住んで、これからも住んでいくこの町は、私の地元ですらなく、無職仲間もいまいち話が合わず。
2ちゃんを見ている暇もないし、まとめサイトのダイジェストを見るぐらい。

もう後戻りできないのかな。

 

有料メルマガに登録している永江一石さんは、「草食起業なんて成功しない」って言ってるし、同じく有料メルマガに登録してる城繁幸さんも「起業して最初の2年間は死に物狂いでガムシャラに働きまくった」って言ってたし、こんなのきっと誰でも通る当たり前の道なんだろうな。

 

私にとって働くことって、ワンルーム23平米の冒険なのかもしれない。

 

孤独だけれど、もう少しだけ続けてみようか。