千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

老後資金をフィナンシャルプランナーに相談してみた

f:id:toushitsufukei:20151023154815p:plain

今日、ここに電話かけて相談してみました。

www.jafp.or.jp

 

電話番号 0120-211-748
【受付時間】10:00~16:00(15:30受付終了)
(土日・祝日・年末年始を除く)

 

「老後資金は3000万円と聞いたことがあるのですが、私はすでに年金をもらっています。将来いくら必要なのでしょうか?」と質問をしました。すると、老後資金の計算は単純で、

 

(生活費 - 年金)×12ヶ月×20年

 

で計算しているのだとか。だから老後の生活費夫婦で35万、年金23万円で差額12万円。それを一年12倍して、65歳~平均寿命85歳まで生きたとして2880万円。そういったところから3000万円という数字がでてきてるのだと教えてもらいました。

 

しかもこの35万円というのは65歳で住宅ローンが終わってる前提。そりゃいくらなんでも生活費使いすぎですわ。年金ももらえない若者が今現在家賃コミで12万ぐらいで生きてるというのに・・・。

 

で、私と社長の生活費ですが、双方1人暮らしで生活費は12万と14万ぐらい。
家賃が5万と4万ですので、合計すると生活費は17万円。これは社長のお小遣いコミです。年金+手当てが13.5万円なので不足分3.5万円。×12×20で840万円。生活費の補填に840万円あれば、一応老後破産が避けられるということか。ライターはちょくちょく休みつつ、65歳まで働いてもいいですしね。常に最新のパソコンとネットの情報を追いかけていくことさえしっかりしていれば。

 

あとは医療保険に入れないので、医療費です。
私の住んでる市は1級の人は医療費無料なのですが、今度収入のある人は自己負担400円になるのです。そうなると医療費も考えておかないといけないですね。老後には財政もむちゃくちゃになっていてたぶん医療費補助はほとんどなくなってるでしょうから。

 

義母の話を聞いていると、老後に旅行にいっても楽しくないそうです。しんどいばっかりで。「やっぱり体が元気な若いうちになんでもやっとかないといけないよ」と台湾旅行にいった義母が話していました。そうとう疲れたそうです。ですので買い物や旅行などは若いうちにしておくに限りますね。

 

社長はかなり健康体なんですけど義母はリウマチ。どういう病気が将来襲うかはわかりませんよね。やっぱり生活費17万っていうのは少なすぎるんだろうな。でも老後夫婦で35万年金25万ってプラン、マネー雑誌はナメてんのか?年金25万どころか私は派遣時代月収17.6万でしたよ。ほんとこの国の老人偏重はふざけてる。

 

あとは中古マンションを買うなら気に入ったのがでた時点でローンを組んで買ったほうがいいというアドバイスももらいました。30分限定ですが無料でいろいろ相談にのってくれたし電話も混んでなかったのでおすすめです。