千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

ニュースを書くライターから、ニュースを読むみんなに覚えておいてほしいこと

f:id:toushitsufukei:20151026074653p:plain

引用:flickr

私は現在、ニュースライターとして8社と契約しています。あまり売上には出てきませんが、コツコツ続けています。「え、あそこで書いてるの?」というような大手のニュースメディアもあれば、小さくがんばっているメディアもあります。

 

ネットでは「マスゴミ」という単語をよく目にします。「マスゴミの思想コントロール」「マスゴミ偏向報道」といった文脈で、批判的なものです。

 

では、そのニュースは誰が書いているのでしょうか。たとえばLINEニュースやLivedoorニュースは、アルバイトが書いています。事務所に出勤して書くタイプですね。時給は1000円ぐらいです。

 

また私のように外部のフリーライターが書いているケースもあります。たとえばMSNはシフト制を強いていて、過酷なニュース速報の労働がmynewsjapanにすっぱ抜かれていました。基本的に個人事業主との外部委託契約は時間管理をしてはいけないので、私が書いてるようなホワイト企業のメディアは時間は自由にしてくれています。ですので私は自分の自由な時間を執筆にあてています。朝書くときもあれば、夜書くときもあります。

 

マスゴミ」という言葉からは、メディアには何か大いなる意思があってそれがライターに偏向した報道を欠かせているような印象を持ちますが、実際はどうでしょうか?

 

私は8社と契約しているライターですが、思想的な指示を受けたことはありません。
たとえば朝日系で左寄りに書け!みたいなことは言われたりはしません。すべて裁量を任されています。唯一あったのが、ゴシップ系ニュースサイトで、「もっと批判的に!」「もっとエグく!」と言われて困ったことがあります。でもまじめなニュースサイトで思想的な指示を受けることはありません。

 

入稿して公開される間に、担当者のチェックはもちろん入ります。ですがさらっと読んで表記方法に問題がなければそのまま公開されてしまいます。つまり、「マスゴミ」の偏った意見は、偏った記者の思想によって生まれるものです。メディアはそこまでチェックしていません。あまりにおかしければ指摘されるでしょうけれど。

 

ですので、ネットのメディアに限っては、「誰が書いてるか」を意識してほしいのです。無記名の記事もありますが、記名の記事もあります。「マスゴミ」と呼ぶその前に、誰がニュースを書いて、どうやって公開されているか、考えてみてください。そして、できれば自分のお気に入りのメディアやライターを見つけてもらえたらなと思います。私が書いているところは言えませんが、たとえば「ル・モンド・ディプロマティーク」などは信用しています。

 

 

広告を非表示にする