千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

なぜ生きるのか考えるために、働き方を変えたい。

f:id:toushitsufukei:20151103231900j:plain

今日の売上

コピーライティング 5400
エンタメ 2160
専門記事 12125
ニュース 22500

 

ニュースの方向性がガラッと変わって、まだわからないけれど今後は採用本数が増えそう。そうなると日給4万はキープできそうでちょっと安心、

 

「ちきりんさんの本を読んで会社辞めました!」とか「イケダハヤトさんに憧れて高知に転居してブロガーやります」とかは、ヤバいと思うんですよ。人に影響受けすぎというか自分がないというか。彼らはそうやって煽るのが仕事ですからね・・・でも、今日は私も、ちきりんさんと永江一石さんの本やメルマガを読んでちょっと真剣に考えました。

 

老後の資金を計算していたのもあります。
今のペースで一生働くことはできなくとも、長く働くことはできそうです。クラウドソーシングは少なくとも15年は持つでしょう。Webライターもまあ、供給過多になって単価がさがることはあっても、なくなることはないでしょう。なので65歳あるいはあと15年仕事を続けたとする。ランサーズには80代のライターもいらっしゃるし。

 

そうすると、私には障害年金もありますから、マンションも買えるし老後資金もたまると思います。もともと質素だからそんなにお金使うことないし。人生からお金の心配が消えると、じゃあ自分は一度の人生で何をしたいかということになります。果たして今のようにまとめサイトみてゲラゲラ笑ってるだけで果たしていいのか。自分は何のために生まれてきたのか知らないまま死んでいってもいいのか。そんな疑問が浮かびます。

 

私は統合失調症を発症したので、愛する人と子どもを持つという小さな夢はかなえられなくなりました。最近社長は朝ごはんを食べず、昼と夜はひとりでご飯を食べているので、私は誰かと食卓を囲むことすらありません。幸せってなんだろうって思うんです。

 

私は昔、海外旅行もたくさん行きました。でも海外では自分らしさは見つからなかった。ただ疲れただけでした。高価なブランド品は素敵だなと思うけれど、貧しくなったときにつらいから、抵抗があります。高級グルメも太るから滅多にいかないし、服には関心がない。バッグや時計は社長が死ぬほどいっぱいくれた。じゃあ私がほしいものってなんだろう?

 

今日はずっとそれを考えていました。そして永江一石さんとちきりんさんの本とブログを読んで、自分は何がやりたいのかずっと考えていました。ディズニーランドには半年に一度は行きたい。だからずっとこの町に住んでいたい。ひとりも好きだけど社長と遊んだりしたい。でもなにより、考える時間がほしい。自分の好きなことする時間が。

 

頼めばAmazonギフト券ぐらいは買ってもらえるので、本を買って読んだり、ブログを読んだり書いたり考えたりしたい。有料メルマガの作者と交流したりもしてみたい。自分のブログは一日1000人~2000人ぐらいアクセスがあるけど、どんな人が読んでいてどんな感想を持っているのかも聞いてみたい。

 

だから、働き方を変えてみようかなと思いました。売上4万は自分との約束にして、限界まで売上を追求する働き方をちょっと変えてみたいのです。だって、お金の心配があまりないのだとしたら、お金ばっかり追求しても意味はないから。私には子どもがいないから、自分が生きていけるだけの金額があれば十分だから。月収100万は社長との約束なのでキープするけど、それ以上目指すんじゃなく、人生を豊かにする方向に舵を切ってみたい。

 

そんなことを考えていました。