千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

どうしても一流になりたい

f:id:toushitsufukei:20151105195809j:plain

引用:ぱくたそ

 

私が一流だと思っている人。

 

ちきりんさん
永江一石さん
城繁幸さん
橘玲先生
結城浩先生

 

知的で文章がうまいだけでなく、読んだ人を啓蒙し、お客さんが行列をなして仕事を求める人たち。一流の条件は、目の肥えた顧客が列を成して仕事を依頼すること、と永江一石さんが言っていました。

 

今日は4件ほど受注しました。自分から申し込んだのもあるし、向こうから来たのもあるし、Twitterで声かけしてもらったのもあります。でもまだまだ、私のことは単価が割安だから依頼しているという感じがします。Webライターとしては単価が高めですが、納期品質量コストの面でトータルで割安なので私に発注が来ているような気がします。

 

「Webライターとしてそれだけ売上あげてるなんて、名もなきさんは、一流どころか神ですよ」といわれることもあるのですが、私は二流です。自分でわかっています。

 

だから、仕事がなくなる不安でいっぱいで、つらいです。
継続案件だからといってもいつ終わるかわからない。プレッシャーです。

 

今日はいろいろなお客さんからいろいろ言われました。

「サイトがらっと変えるから、対応してくれない?」
「ぜひ社長が話したいっていってるんですけど時間取れます?」
「8000記事依頼したいんですけど」
「実力、見せていただきました。ほかのライター断って全部発注します」
「ちょっと仕事の相談のってほしいんですけど」

 

と、いろいろ言われました。もう大変です。アップアップしていました。

 

仕事がなくなる不安でつらいんですけど、現実の私はもうてんてこまい。
お客さんは褒めてくれるし発注してくれるし喜んでくれるんですけど、ほんともうキャパシティーオーバーです。

 

うちの社長には「仕事がなくなる心配なんてまったく時間の無駄・・・実際いままで仕事がなくなったことあるのか?」と呆れられています。確かにこれまで仕事が切れたことはないし、売上は立ってるし、一見問題ないように見えるのですが。

 

でもね、私は受注額が多いですから、失敗も多いんですよ。いつのまにか縁がなくなった継続依頼だっていっぱいあります。それが尾を引いてるんですかね。しかられたことだって何度もあります。凹んだりつまづいたり立ち止まったりしながら毎日生きています。

 

一流の道はすごく遠い。

 

今日の売上
専門記事 21600円
ニュース 24300
コラム   2700
合計48600円

 

 

広告を非表示にする