千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

失敗ブログ飯から、失敗学を学ぼう

f:id:toushitsufukei:20151106012205j:plain

今日はこのサイトを見て、大爆笑していました。記事全部読んじゃった。

blog.livedoor.jp


1億円っていう目標設定が面白すぎます。おなか痛いです。

 

私は超性格が悪い趣味を持っています。

 

それが、ブログ飯をウォッチすること。
アクセス数万~数十万で、10万円ぐらい稼いでいるいわゆる中堅ブログを読むのではありません。ブログ飯を本気でやってて、でもぜんぜんうまくいってない人のブログを読むのです。ちきりんさんクラスになるとみんな読んでいます。それじゃ面白くない。アクセス数十万のフツーのブログ飯はすぐに「僕が仕事から学んだこと」とか書くのでぜんぜん面白くない。誰も君のビジネスメソッドなんか聞いてないと思います。それぐらいのレベルのブログ飯はほんとタチ悪いです。

 

ビジネスの世界には、失敗学というものがあります。
失敗したプロジェクトから真摯に学び、成功へとつなげるのです。
ですが注意点がありまして、失敗したことをネタにして記事を書いている人は参考になりません。どこかテレがあったりこれをネタにしようという野心が見えたり、バイアスがかかっているからです。
あくまで、今、本気でやっていて、でもぜんぜんうまくいってない人の苦悩のコンテンツが最高に面白いのです。

 

ではどんなことが学べるか見ていきます。

・1000記事書いてもゴミはゴミ

コンテンツ数を評価するとGoogleが言っているので、とにかく数で押しまくります。
ひどい人は1000記事書いて誰も読んでいません。でも、「もっと書く」「もっと書く」と一生懸命に量産しています。イケハヤ師が数を書けと推奨しているのも影響しています。ほんとゴミみたいな記事を量産しても何の意味もないのだとよくわかります。
そして、そこまで継続できるならその能力をほかの事に使えよ・・・となるのです。

 

・誰かを救いたがる人って自分が救われたい

こういう人は誰かを救いたがります。自分も救えてないのに人を救うとはこれいかに。
結局、自分が誰かに救われたいからそれを投影しているだけで、依存心のあらわれなのです。同じ境遇の人の希望になりたいとかすぐ言います。でも希望どころか絶望になっています。ちきりんさんは誰かのためになんて書いてませんよ。10歳の自分のために書いてるんです。

 

・早けりゃいいってもんじゃない

イケハヤ師がスピードを重視しているため、短時間で雑な文章をかきまくります。
ですが、見直さない文章なのでいつまでたっても文章力が上達していないのです。文章力をあげるには、自分の文章をやすりで削るようにしっかりと磨き上げる必要があるのがわかります。書き散らすだけならスピードなんてほんと意味ない。

 

・中身のないブランディングは一切不要

ブログ飯やママ起業セミナーは、ブランディングを教えています。
ひどい人になると、「服はピンクで統一しましょう」「青の写真で目立ちましょう」などのわけわからないブランディングを教え、本気で実行しています。そんな自撮りばっかりみて誰が何を依頼するのか不明です。顧客視点を完全に失っています。

 

・イケハヤサロンに入ったり、起業セミナーに足げく通ってはいけない

イケハヤ師は売上とPVを誇っていますが、売上=品質なら、世界最高のミュージシャンはジャスティンビーバーです。イケハヤサロンはジャスティンのCDと同じです。買ってると普通はバカにされるのですがマジで入ってしまいます。そして私のウォッチのターゲットになるのです。
そしてママ起業は、日ごろ100円の節約を必死にしているママさんが、20万のセミナーにポンとお金を出してしまう狂った世界です。でもね、2時間座って話聞いただけで100万売上あがったら円の価値は大暴落です。

 

・大切なのは心があたたかいこと

ブログ飯は、なんとかしてPVを取ろうとするため極端な手に走りがちです。そこに人間の心を失ってしまうケースがあるのです。でも、大切なのは、あたたかい心を持つことだと私は考えています。失敗ブログ飯は、稼ぐという野心に燃えて、情熱があるのですが、心のあたたかさが置き去りになっています。

 

・ポジティブは大罪

失敗ブログ飯を継続できるのは、ポジティブだからです。でも間違った方向性を延々と続けるポジティブは大罪です。次こそ、明日こそ・・・そんなポジティブさが大きな罪を生んでいると思います。へんてこな自己啓発本にもはまっているので、やたらポジティブです。

 

・ポエムはほんと無駄

こういう人たちはやたら詩的です。でもポエムといっても哲学や文学の素養があるわけではありません。ヒビノケイコの日々とかいばや通信とかをシェアしてしまいます。いばや通信の人はお茶してると突然「強さって何だと思う?」とか聞いてくるそうです。友達がそんなこと言い出したら頭大丈夫かと思いますよ。でもこういうきれいごとポエムにだまされて自分も書いてしまいます。ほんとうに無駄です。

 

・何の落ち度もなく炎上する人がいる

失敗ブログ飯は、何の意味もなく炎上したりします。誰も傷つけてないのに、何も変なこといってないのに、むしろ普通の人なのに、何か気に食わないとかいう理由で炎上します。なんか腹立つ人っていますよね。そして炎上して凹んでいます。かわいそう。元気出して。

 

・主観はメディアではない

ちきりんさんの自分メディア論に影響されて、自分のブログをメディアと呼んでいますが、メディアはターゲットがいて、その人たちが読みたがるコンテンツを提供するものです。自分の好きなことを書くのは日記であってメディアではありません。その違いが学べます。


失敗学はいろいろ学べます。
人気ブログはみんな読んでるから面白くないんです。お役立ちコンテンツなんて必要ありません。役に立たないコンテンツから、自分なりのヒントを学ぶのが私の趣味です。コツコツと検索して、バズの周辺を拾うと、失敗ブログ飯を掘り当てることができます。最低の趣味ですが面白すぎるので止まりません。もちろん自分が失敗して、ウォッチされる可能性があるのも織り込み済みで、楽しんでいます。

 

では、おやすみなさい。