千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

結局のところ、男と女、どっちが得なのか

f:id:toushitsufukei:20151108181206j:plain

引用;ぱくたそ

 

ネットではジェンダーの話題は非常に燃えやすく、関心が高いそうですので私もチャレンジしてみます。燃えてしまうのは根底に差別があるからだと考えます。痴漢目線で痴漢したくない女子を解説したブロガーさんは女性差別がありましたし、東京姉妹というキラキラアカウントが、偉そうに合コンで二度と会いたくない男子をまとめてNewspicksで炎上したもの、男性をバカにする心があったからです。

 

正直、痴漢のほうは低所得なのにがんばっているのであまり批判する気にはならないのですが、キラキラ女子のほうは、高所得者でリテラシーが高く、ビジネスマナーも身についているであろう人が集まるNewspicksという場でボコボコにたたかれているので、ほんとのアホだと思います。

 

では私はどうかというと、男性のことは尊敬しています。
そもそも社会は男社会なので、男を否定したところでまったく意味はありません。
お客さんも男性が多く、優秀な方がとても多いため、バカにしたり差別したりするというようなことはまったく感じません。そもそもランサーズやクラウドワークスの創業者は男性です。ビジネスにおいて男性を差別するなんて、ほんとに考えられないです。

 

私が最初に仕事を教わった、ランサーズのコンサルタントは女性です。
長時間労働をものともせず、レスポンスが早く、的確で、いつも人柄でほっとさせてくれました。競争の激しい男性社会で、こういった女性の人柄というのは非常に貴重なものだと思います。

 

また、ニートを脱出して税理士事務所で働いていたとき、所長の奥さんが一番一生懸命仕事を教えてくれました。毎日コツコツと、間違っても根気よく、ていねいに仕事をおしえてくれたので、私はたった一年で決算ができるようになりました。いま、自営業として経理ができるのも奥さんのおかげです。

 

社会には、優秀な女性もたくさんいます。
割合としては男性のほうが人数が多いですが、しっかりした女性は確実にいますので、女性差別というのもなんだかな、という感じがします。

 

今日は社長と二人でラーメンに取材に行き、帰りにミスタードーナツでドーナツ7個+タオルケットで1080円という買い物をしました。ドーナツは7こあるので4個と3個でわけようと提案したのですが、社長は5個と2個だといいました。理由は、これ以上ドーナツを食べると私が太るからです。だから、自分が糖尿になるリスクをおってまで、ドーナツは俺が5個食べると。これが愛であると説得され、ぐぬぬ。となりました。

 

つまり何がいいたいかというと、男性が圧倒的に得だということです。
体のつくりからして、男性のほうがカロリー消費が高い。つまりよりドーナツを多く食べられるのです。男性を見ていてこれほど羨ましいことはありません。どう考えても男のほうが得です。ドーナツを思い切り食べていいのですから。男と女、能力が同じであるならば、ドーナツの分だけ男が得です。私は男性に嫉妬しています。

 

今日の売上
ニュース 16200
専門記事 14550
グルメ取材 4320
アプリレビュー 2500
合計37570円

あ、仕事量たりない。もう少しやって寝ます。

 

 

広告を非表示にする