どうして生きているのかわからないけれど。

f:id:toushitsufukei:20151109160811j:plain

引用:ぱくたそ

 

重度の精神疾患を持っていると、普通よりも生きることについて考えることが多いような気がします。小さいころ、父親に「私はどうして生きているの?」と聞いたとき、

 

「それは命をつなぐためだよ。命はつながっていくんだよ」

 

と答えてもらいました。それは正しいと思います。私も愛する人との間に子どもがほしかった。命をつないでいきたかった。でも、お父さんお母さんごめんなさい。私は統合失調症1級で子どもが持てません。命をつなぐことができません。

 

そうなると、じゃあ私はなんのために生きてるんだろうと考えます。
「幸せって何?」という問いに、氷川剛という作家は「古代から人の幸せとは、家族で食卓を囲むこと」と答えていました。でも私は1人。毎日1人でご飯を食べています。

 

ニートを脱出しようとしたとき、サポートセンターに通っていて、友達ができました。
同じ年の性格の優しい女の子で、ずっと家にいてたまにピアノ講師の仕事をしているそうです。仲良くなって、毎日のように会って、何時間もマクドナルドや公園で語り合いました。お互いのこと、じぶんのこと、これからのこと、社会のこと・・・。

 

親しくなるにつれて、彼女の母親が数年前、自宅で首をつり、彼女がそれをおろしてあげたのだということがわかりました。それ以来、精神の調子が悪いのだと。お母さんが亡くなった自宅に暮らす彼女はだんだんと病み、親友の私でも手をつけられないほど錯乱し、閉鎖病棟に何ヶ月も入院することになりました。

 

彼女はいいところのお嬢さんでしたので、病室も個室です。お見舞いに行きましたが、何もない個室で毎日毎日、聞こえてくるほかの患者さんのうめき声や呪詛の声、良くない精神病院にありがちな人権侵害に苦しみ、毎日錯乱していました。そして、ある日昏倒し、頭を打って運ばれ、そのまま死にました。

 

私のところに連絡が来たのはその1年後。私はお葬式にもいけませんでした。彼女の人生はなんだったんだろうって思います。ニート同士語り合い、少し慰め、ディズニーランドに行き、時にささやかにわらって、私が月収10万の税理士事務所に就職をしたときは涙を流して喜んでくれた優しい彼女はもういません。

 

人はなんで生きてるんでしょうか。どうして生きることはこんなにも大変なのでしょうか。私と彼女はただ引きこもり、社会に出ようとしてがんばっただけなのに、彼女は死に、私は統合失調症を発症しました。生きることは苦しく、私は深く病んでいます。

 

世界は私からささやかな語らいをする相手すら奪っていきました。でも私は自分がどうして生きているのか考え続けます。たとえ私も死すべき存在であっても。

広告を非表示にする