千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

競争せずに市場を生きる。理由は女だから。

f:id:toushitsufukei:20151111124627j:plain

引用:ぱくたそ

 

最近、ランサーズとクラウドワークスで、仕事がない、単価が下落しているというお話をよく聞きます。相談を受けることも多いし、自分の目で見ても確かに高単価の案件は出回ってないような気がする。

 

toshitsu.hatenablog.com

ここに書いたように、1文字1円の案件なら大量に余っているし、むしろ人手が足りないくらい。一日5本+タスク2本受ければ7000円。毎日やれば月21万円になる。派遣やバイトしなくても最低限の生活が成り立つレベル。1文字1円なら、心配しなくても大量にある。

 

先月、1文字10円のニュースを受けたし、昨日は一本3240円で15分ぐらいで簡単に書ける案件を大量契約、今日は一本5000円のミニミニコラムを長期契約しました。どちらも自分で探してとったものです。

 

ニュースは1文字10円、普通のミニコラムは1文字5円。自分で見つけました。ちなみに競争に打ち勝ったのではなく、ほかに提案してる人誰もいなかったよ。だからお客さんも私でいいか、と思って投げてくれたのかな?まあ単価と時給はもう考えないことにするので、バリューを見ていこう。

 

男のライターさんのブログを見てると、あいつはいくら稼いだ、あいつはどこで書いた、あいつは何万PV、あいつに給料勝ったとかどうこう・・・みんなすごく競争しています。男の子はほんとうに競争が好きだなあ。これが社会の原動力なのだろうなあ。逆に、競争しない男の子なんて草食系だしうまくいかないだろうな、と思います。

マーケットの原動力は、男の子達の競争心なのかもしれない。

 

女の子で、Twitterのフォロワー数がどうした、いくら稼いだ、PVがどうした、といってる人はあまりみかけない。ブロガーのトップは間違いなくちきりんさんだけど、彼女だって誰とも競ってないし、PV伸ばすぞとか勢いよく語ったりもしない。リラックスして、マイペース。そしてぶっちぎってる。

 

私も一応、女の端くれなので、競争はせず、自分だけの人生を歩むようにがんばろう。マーケットでコツコツと仕事を拾いながら、誰とも比較されないオリジナルのポジションを築くのだ。