千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

生きる場所が、どこにある?

f:id:toushitsufukei:20151111210852j:plain

編集者でフリーモデルの朽木さんは、医学部を出て、奨学金800万円抱えて、ライターになったそうです。ライターとしては2年目かな?私と同期ですね。

 

博報堂を辞めてライターになった中川淳一郎さん、リクルートを辞めてライターになった常見陽平さん。(現在は講師)

 

なんでみんな、平均より優れた人なのに、ライターになるのでしょうか。
絶望的なぐらい、格差を感じます。そんな彼らでも、ライターは大変だという。

 

私にはリアルで生きる場所なんてないんですよ。

就職しても月収10万円。
軽い事務職になったら3ヶ月で統合失調症発症。
手取り14万の派遣で良いからやりたいのに、見つからない。

 

手帳だって、犯罪に巻き込まれて薬打たれてから調子悪い友達が2級なのに、私は1級ですよ。どこにも生きる場所なんて、ないんですよ。

 

「リアルでも優秀で、あえてライターになってる人たち。私とは違う。そんな彼らでも苦戦してる」

 

と社長に言うと、

 

「正直、相手にならんと思うぞ。」

 

と社長は言ってました。社長は私のことを買いかぶりすぎです。
リアルでもうまくやっていけるのに、ライターになった人たち。私なんてガチの精神病で、ガチの社会不適合者だ。

仕事に命はかけて、あたりまえ。100万稼げて、当たり前。そこからが真の人生のスタートです。競争はしないと書きましたが、もしかしたら戦っているのかもしれません。これまでの人生、すべて負け戦でしたが、今回だけはどうでしょうか。

 

今日の売上
ニュース 5400
専門記事 15000
専門記事 2500
専門記事 21600
合計44500円

 

広告を非表示にする