千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

Webライターと単価の話

f:id:toushitsufukei:20151113075217j:plain

引用:ぱくたそ

 

最近、直接契約のあるお客さんが単価を倍にあげてくれました。
1000文字のコラムで5400円もらってたのだけど、500文字で5400円でいいって。
そのかわり、密度の濃いコラムを書くことを約束したし、「絶対一流になって見せます!!!」と宣言して「頼もしい」と言ってもらえました。心臓がチクチクするけれど、必死で喰らいついていっている。

 

単価は気にせず、バリューを見る。
でも正直、1文字10円だと、体が楽。

 

紙のライターさんに教えてもらったんだけど、紙だと1文字10円が最低ラインらしい。
うらやましいと思うけれど、紙は何度も何度も校正しているし、もともとの文章がうまいので誰にでもできる仕事じゃない。Webライターで尊敬している人は少ないが、紙のライターさんでこの人いいなあと思う人はたくさんいる。業界知識もあって話してて常識あるなあと思う。やっぱりWebばっかやってちゃいかんなと思う。
また、自分の収入は絶対に明かさずにお話している。収入を明かすと自分と比べてしまって、上下関係ができてしまうから。。。Twitterとかで初心者のライターさんに「あるあるですよね~」とか気安く言われるとほんとにムカッとくるけど、なめられるのはしょうがない。でも安易に友達になる気はない。。。

 

最初の半年ぐらいは、ずっと1文字1円でも喜んでやっていた。
仕事があるのがありがたかったし、タスクよりもはるかに高いのだし。
ランサーズでみてみると、ほかのライターさんは評価も少ないのに最初から3円とか5円とかで受注していて、ポテンシャルの違いを感じた。でも私は専門性もないし、障害者だし、仕方ないと思っていた。それどころか1文字1円でたくさん仕事をもらえてありがたいなあと思っていた。違う意味で、充実していた。

社長に売上上げろとガミガミいわれて、ノルマをこなすために仕方なくフィールドにでて高単価の案件をとるようになった。難易度はあがったけれど、その分、面白い仕事も増えた。

 

私がみたところ、1文字1円~2円の仕事は、誰でもできるのでとにかく量とスピードが大事。修正もあまり言われない。
アフィリエイターさんで余裕のある人は3円~5円で発注してくれて、修行するのにぴったり。
5円を超えるとオリジナリティが必要で、ネットに書いてないことを書く必要がある。
10円に近づいてくると、専門性+オリジナリティが必要という感じ。

 

いまはようやく、一本2万円とか4万円とかの仕事をコンスタントに請けられるようになってきた。むちゃくちゃ難しいし頭から知恵熱でそうだけれど、がんばっている。
でも単価よりもバリューだと思う。どれだけ価値を出せるか。でも正直、一本数万円の仕事の日は体が楽なのは事実。1文字1円のころは、ほんとうに体がしんどかった。嫌いなライターに「肉体労働乙」といわれて頭にきたこともある。

 

ここを超えると、確実にバズが起こせることが大事になってくるんだろう。
ヨッピーさんクラスになると、一本数万~数十万で、月10日労働ぐらいなんだろうな。ヨッピーさんは取材1日、執筆2時間、あとは風俗で遊んでます、と言っていたような気がする。一本10万取ったとしても月収100万だ。それで楽しそうなんだからうらやましい。

 

でも私は、顔出しのエンターテイナーでテレビの芸人に近いタイプのライターじゃない。どちらかというと地方をドサ周りしていて着実に売上をあげている営業芸人タイプ。ドサ周り乙といわれ、落ち目といわれ、安いスーパーで営業しているけれど、意外と収入はあるんですよ、みたいな・・・

 

ヨッピーさんのエゴサにひっかかって、「Webの単価はあがりますよ!大丈夫!」といってもらったけど、私は正直、単価はあがらないと思う。ランサーズfor Businessのプロジェクトにはいれば1文字1円はかたいが、底値が崩れる可能性はあると思う。理由はもうライターになりたがる人が多すぎるからだ。楽で、自宅でできて、楽しくて、スキルも不要。こんなのはそのうち飽和してコモデティ化する。ランサーズが稼げますよと宣伝すればするほど、主婦の人や外で働けない人が入ってきて単価がさがる。実際、私のブログを見て、「自分にもやれるかも」と思ってライター始めた人が何人もいるわけだし。。。

 

だから私も、ここで必死にならなければ、将来は確実に収入が下がる。1文字1円でしんどかった時代に逆戻りしてしまう。正直、あんな労働は、派遣をしたくないという思いからできたもので、二度とできない。

 

私は「なんで自分なんかに仕事がくるんだろう テヘペロ」みたいな気持ち悪いことは言わない。自分をしっかり客観視して、自分のほんとうの姿に迫っていきたい。

 

今日はコラムのネタが7本とおったので、7万超えそうだ。

 

広告を非表示にする