千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

社会との和解

f:id:toushitsufukei:20151127223127j:plain

引用:ぱくたそ

 

今日はプチ批判された。でも、ぶっちゃけ私が誰を尊敬しようと、勝手じゃない?
別にdisってるわけでもないし、、、

 

でも、たとえばイケハヤちゃんを尊敬してるお弟子さんとか見て、「いやいやいや、それはないわ」って思ってるからお互い様かな?

 

今日はイノシシさんがイケハヤマネーでノンフィクションをやるという記事を読んだ。イノシシさんと少しお話したけれど、イケハヤマネーが入るのはかえって悪手だと私は思う。ノンフィクションやるなら紙のライターの弟子に入ったほうがいい。あまりに素人軍団すぎる。

 

私自身、ランサーズから初めて今ニュース書いてるけど、新聞記者には絶対かなわないもん。基礎ができてないからすっごい苦労してるし。私の場合は新聞記事ではなく、webのニュースだから、webに特化することでなんとか今のところ仕事についていけてはいるけれど。。。

 

あと、匿名とはいえライターを名乗って発言しているのだから、少しは言動に責任持とうと思う。私のブログを読んだ人をミスリードしてしまわないように。それとイデオロギー関係は燃えやすいから注意だな。

 

今日は、ランサーオブザイヤーの谷中さんとも少しお話した。障害年金を拒否することについて考えた。福祉を拒否するからこそ、限界まで自分を追い込んで、スキルが上がったんだと思う。もちろんもともとのポテンシャルもあるが。

 

よく知らないのに言っては何だが、谷中さんは福祉を拒否してトップライターに実力でなったことで、社会に合法的な復讐をしたのだと思う。とても男らしい。
でも私は年金をもらっている。ライターでは100万稼いでる。私の場合は仕事を通じて、自分を拒否した社会との再びの和解だ。それは私が、女だからというのもあるのだろう。

 

今日はお腹が空いて、社長におにぎり一個買って欲しいと頼んだけれどダメだと言われた。おやつもなし、テレビもなし、二度寝もなし。そうやってあらゆる欲望を断っているからこそ、今仕事に打ち込めているというのもあるのだよと社長が言っていた。これは谷中さんの年金の話にも通じるものがあると思った。

 

私が一番尊敬しているのは社長だ。時間の徹底、向上心、意志の強さ、深い愛情、鍛え上げられた体、素晴らしい男性だと思う。でもいまいち、裏社会臭がするんだよなあ。しょうがない、おにぎりは我慢するか。

 

今日の売上
ニュース 10800
トライアル 2000
専門記事 27000
合計38900円

広告を非表示にする