noteやサロンはやらないと思う、多分。

 f:id:toushitsufukei:20151128212922j:plain

最近、noteやサロンが流行っている。
私も最近、「過去のコンテンツを課金してもいいから読みたい」と言われた。
でも私のブログは無料なので、自由にお読み下さい。
昨日から今朝にかけて書いた「恋の最底辺から高所得へ」のエントリも、noteに出しても良かったのだけれど、無料で公開した。

noteで500円でマガジンやって10人が読んでくれたとして5000円。
それだったら30分で稼げるから別にいい。
社長も

「ブログ楽しそうにやってるし、お金に変える必要ないよ」

と言っている。
折角、過去の記事を全部読んだという人が多く現れたり、相談室にたくさんの、本当にたくさんのメールを送ってくれているのだから、マネタイズしなくてもいい。

ただ、稼ぐ方法やライティングの技術、自己管理方法を習いたいというニーズがあれば、少人数サロンはするかもしれない。でも私と一緒に4時半に起床して午前中に4万稼いでもらう。そんなニーズはないからそんなサロンはないという。あったらやりますが。

はあちゅうさんというネットの有名人が最近気になる。
コラムも面白い。

サロンをやっていて8900円で450人。
二人でやってるサロンだから 8900円×450人×手数料0.6÷2で120万1500円
単純計算で月120万の収入。まじか。
月刊はあちゅうも500円で500人が入っているとして500円×500人×手数料0.9で22.5万円。
固定収入で合計142万6500円。私と同じぐらいの収入じゃないか。
これで忙しくないのだからすごい。私なんか死ぬほど忙しいのに。
サロンやって、オンライン雑誌やって、気ままに暮らしていけて、良いですのう。

でもそうこうしている間に、私はどんどん力をつけていくんだけどね。
この世界は、誰がトップに立つかは最後までわからない。
誰もノーマークでレベルの低い人の集まりだと思われているランサーズ出身で、私の月収が160万を超えたように、どこから誰が出てくるかは最後までわからないのだ。

匿名ライターの世界は文章のうまさじゃない。
命を懸けているかどうかでもない。
フォロワーやファンがついているかでもない。
どれだけサラリーマンである編集者の仕事がやりやすいように立ち回り、自分を徹底的に管理できるかだ。だから昼休みにはメールを打たないし、朝出勤してくるまでにネタを入れる。夜型の編集者には夜に合わせる。そういった立ち回りが大事。

名前を売ってる人たちはファンを作ったりアンチと戦ったり、してればいいと思う。
別にそれが普通だし、そうして戦っていくのが作家の世界。
でも私が生きているのは、もっとアンダーグラウンドな、匿名の世界なのだ。
地獄の底で戦う。

 

今日の売上

ニュース 48600

女性メディア 5400

合計54000

 

広告を非表示にする