今日もテレビ局から電話があったよ

f:id:toushitsufukei:20160125215703p:plain

引用:flickr

 

ふひ~今日も仕事終わりました。

今日の日給です。
ニュース 54000
女性メディア 5400
専門記事 1000
合計60400円

 

今日もニュースの仕事、忙しかったです。
夕方、チョット横になっていると、知らない番号から着信が。
こないだの「雨上がり決死隊のAさんの話」のディレクターから電話でした。
追加の取材を受けて、いろいろ話しました。
例えば、「芸能ニュースを警戒したり、気をつける時期はあるのか?」という質問。

 

私が1年以上エンタメのニュースをやっていての体験ですが、夏のお盆の時期は動きが少ないのです。芸能人も暑いのであまり行動しません。ですのでその時期のライターは目を皿にようにしてニュースのネタを探していますので、ちょっとしたことでもネタにされてしまう。逆に忙しい時期は、クリスマスやお正月。この時期は芸能ニュース以外のネタも多いので、必然的に大きなニュース以外は取り扱わなくなります。ですので、この時期は比較的芸能ニュースは見過ごされがちになるのです。そういったことを話しました。

 

さすがにこれは私でないと言えないような話しだったかと思います。

 

雨上がりの番組なので、「宮迫さんはやっぱりまだまだ夜遊びしたいんです。でも芸能ニュースには取り上げられたくないという悩みがあります」と話していました。ギャラ兄(宮迫)も若いですね。

 

とにかく、いろいろな話をして、私自身、とても新鮮でした。なんかこう、メディアに関わってる人間、っていう感じがしますね。嬉しかったです。今度の2月23日放送だそうです。よろしくお願いします。

 

今日も朝の4時半から起きて仕事しています。今日も6万超えて良かったです。
社長の圧倒的リーダーシップと、私の圧倒的奴隷力で時代を駆け抜けて来ました。インターネットが発達して、お金のない個人でも成り上がれる仕組みができあがって、それにうまく乗っかってここまできました。派遣の仕事が見つからなくて始めたライターの仕事だけれど、私の天職になってくれました。

 

今日はホリエモンチャンネルをかけながら仕事していたのですけれど、ライターからの質問にホリエモンが「小手先のテクニックで差別化出来るような甘い業界じゃない。才能があって、その上に圧倒的努力を重ねることでようやく抜きん出ることができる」みたいなことを言っていました。

 

はじめて1ヶ月でトップ100ランサーになって、一年目で月収100万を突破したので、私にはライターの才能はあるんだと思います。でもその上に、圧倒的努力をしなければならない。人が5時半に起きているなら私は4時半に起きる。社長が事務所(私の家)に滞在している間に出来る限り集中して売上を上げる。社長が帰ってからもゴロゴロはほどほどにして記事を書きまくる。そういった努力が大事なのだと思いました。

 

私は正直言って、ライターでみんなでがんばろー初心者応援!みたいなことは思っていません。月収が10万とかの人は才能がないのでもう止めたほうがいいと思います。いま単価1円でやっている人は、この先も単価は上がらないと思うので、もう止めたほうがいいと思います。ずっと搾取される。もうランサーズにもクラウドワークスにも、高単価の案件はでてこないでしょう。私がやっていた1年前は高単価の大量案件はありましたが、今はもう出払ってありません。今、メガラニカとかで1文字1円でキュレーションとかやっている人たちは、もうそこから抜け出すことは難しいと思います。それでも、外にパートに出るよりはいいとか、どうしても外で働きたくないとか、そういった理由で月収10万ぐらいでやるなら止めませんが、もっと稼ぎたい、搾取されたくないと思っても、もうクライアントがいないのだから仕方ない。それにやりたがる人も増えすぎた。ランサーズだって専業のライターが増えたと思います。私のフォロワーにもたくさんいます。もう過当競争で単価は下がる一方でしょう。今やってる1円の案件だってやばいかもしれないよ。

 

ITのジャンルをやれば単価3円~6円ぐらいは取れるでしょう。前に紹介したけれど誰も入札していなかったので、みんなハードルが高くて入ってこれない。ブログをやって、Googleアナリティクスを登録して、使い方を覚えてアナリティクスの専門家になればいい。ワードプレスも覚えればいい。そうすればそこそこの単価の案件は取れます。でも大量にはないと思うので、収入はそれほど増えないと思う。10万を15万にすることはできると思いますが、150万にするのは無理だと思います。私の収入を目標にしたりするのはやめたほうがいいと思います。私は大口の顧客を何件も持っているので。

 

社長が「お前のブログはハーメルンの笛吹き。みんなお前を目指して頑張るけれど、結果として搾取される」と言ってたのは、ある意味正しいのかもしれません。多くのライターさんが、私を励みにがんばっているという。でもそれは、罪なことをしているのかもしれない。