千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

東野幸治の名言

f:id:toushitsufukei:20160216190100j:plain


久しぶりに、芸人さんの心に響いた名言を紹介します。
ひがしのりが、若手芸人が突拍子もない事を言い出して思わず笑わされた時、

 

「人っていうのはね、極端なことを言われると笑うっていう法則があるから」

 

 

と言っていました。
最近はお笑いブームも終わってしまって、お笑い番組が減ってしまって私としては寂しい限り。仕事が忙しくてテレビ見てられないっていうのもありますけど・・・
なので、テレビもつまんないので、ネットで面白いことを探すのが私の趣味です。

 

私がライターの仕事をしていて一番笑ったのは、

 

「10000文字で100円でお願いします!」

 

という依頼。これも、「突然、極端なことをいうと笑う」というと言う法則にかなっていますね。

また

「私が開発した、一生風邪を引かない新薬を試してください!」

というのも爆笑しました。これも法則にかなっています。

 

最近笑ったのはこの案件です。

www.lancers.jp

 

これ、いいですねえ。

・伏せ字にしてなくてストレート過ぎる
・説明が一行書きでシンプルで力強い

・求める文章が長過ぎる

・値段を買い叩きすぎ
・こんなものを依頼するなという内容

 

というのがお笑いの法則に当てはまっていると思います。

余談ですがこの案件を投稿した人のブログを偶然発見しました。

www.corylog.com

 

内容が公開されていましたけれど、面白いわ、しっかりした文章だわ、これで100円っていうのもひどくていいですね。ブコメも大爆笑。
PCに向かってひとりでコツコツとこんな話を書いているのを想像したら、笑えてきました。それで100円しかくれないというのも面白いし、逆に100円出してくれるというのも面白いです。ブコメで「女性限定にしたほうがよい」と言ってる人がいてなるほどと思いました。たしかに、女性の話が読みたい。この人が話しかけて来てくれたんですけど、PVが伸びて黒字になったそうです。なんでもマネタイズの時代ですなあ。

 

ちなみにこの依頼者さんが、ランサーズのことを「現代の蟹工船」と表現していて、なかなか鋭い事を仰るなと思いました。私も今日は5時間ぐらい昼寝してましたけど、世の中には結構、一日中働いて月収15万とかの人もいるみたいで、なかなかシビアな世界だと思います。

 

さらに余談ですが昨日書いた「イケダハヤトは現代のソクラテス」は、ウケた人には相当ウケたようで、「めちゃくちゃおもしろい!」「最高!」「さすがプロ!」っていう声を多く頂きました。ありがとうございます。世の中のブログにはキレイ事が多すぎる。プロのライターとして、上手な悪口も書けるようになっていきたいものです。

 

今日の売上
ニュース 32400円
専門記事 10800円
専門記事 10800円
合計54000円

 

広告を非表示にする