千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

私はエサ代を稼ぐために必死なのに、ハムスターがなつかない。

f:id:toushitsufukei:20160211100656j:plain

悩みが2つあるのである。

 

ひとつは、「百円の恋」という映画が見たいのである。
ニートにダメ男の彼氏ができて、なんやかんやで必死で闘うという話。
それなんて私?ぜひ見てみたい。

社長は「DVD買ってやってもいいよ」と言ってくれてるのだけれど、見てる時間がないのである。しかし人生を豊かにするためにも、ぜひ見てみたい。

 

もうひとつの悩みは、タイトルに書いてしまった。
ハムスターがなつかないのである。

 

理由は簡単。私は忙しくてハムちゃんにかまってあげられない。
社長は暇こいてるのでいつもハムちゃんにひまわりの種をあげてお散歩させて遊んでいる。
なので当然、ハムちゃんは社長になつく。
社長が手を出したら手にのぼってくるのに、私が手を出したら走って逃げるのである。

現在のハムちゃんは、12代目だが、ここまで嫌われたのははじめてで、非常にショックを受けている。

 

そもそも、社長はハムちゃんにひまわりの種をあげすぎなのだ。
私は飼育の本に書いてあるとおり、一日2粒から3粒ぐらいしかあげていない。
でも社長は10粒ぐらいガンガンあげる。当然、ハムちゃんは社長を好きになる。だっこしてくれるし、お散歩させてくれるし、ひまわりくれるし。

 

でも私は、私は、私は、ハムちゃんに腫瘍ができないように、健康に気遣ってひまわりの種の数を制限しているのである。飼育本にもそうかいてある。

 

11代目のハムちゃんもそうだった。社長はガンガンひまわりの種をあげて、社長にばっかりなついていた。そして、毎日10粒ぐらいひまわりの種をもらっていたのに、腫瘍もできず、2年半という寿命の最長記録を達成して天寿を全うした。ランサーズで100円稼いでいたあのハムちゃんである。

 

12代目のハム助も私になついていないので、納得がいかない。誰が、君の、エサ代と、ヒーターの、電気代を、稼いでいると、いうのだね?

 

社長は「犬も猫も、序列をつけるだろ?ハムスターだって自分より下の人間がわかるんだよ」と誇らしげ。「わーまた手にのぼってきたー!かわいいねー」といってキャッキャ言っている。

 

非常に納得がいかない。

 

今日の売上(予定)
ニュース 19440
専門記事 24300
合計43740円