子供だらけのインターネット社会で、大人の世界を垣間見る方法

f:id:toushitsufukei:20160306091010j:plain

 

私はもう、若い子のブログを読むのは諦めた。
みんなが読んでるという理由で、ヒビノケイコの日々、いばや通信、やぎろぐ、ヒトデ祭りを読むことに何度もチャレンジしてみたが、言ってる意味がわからないのである。

批判してるんじゃない。批判も肯定も何もなく、意味がまったくわからないのである。
まだやぎろぐとヒトデ祭りは、金とPVがほしいんだろうなということはわかった。
でももうヒビノケイコの日々といばや通信は1行たりとも読むに耐えない。薄いも何も、ポエムとしてすら成立していない。手を変え品を変え、私は善人ですよと言いたいのだろうか?
その点、イケハヤちゃんとお弟子さんのブログは、寝言が成立している分だけまだマシだと思う。

理解できない私も悪いが、おそらく、子供が書いて子供が読んでいるのだと思う。
本人たちも、あまり言ってることに深い意味はないのだと思う。

 

そんな子供だらけのインターネット社会で、大人の世界を見ることができる方法がひとつある。
それが私の最大の趣味、アメブロFacebookのママ起業セミナーのウォッチである。
結婚し、子供を持ち、お金を稼いで子供を幸せにしたい、自分も輝きたい、そんな女性が誰しも持つ夢と希望と現実と愛と挫折と成功と虚業とが入り混じり、大金が動く大人の世界である。

 

私の分析によると、ママ起業セミナーは、1億円ブロガー川島塾や与沢の一派のノウハウが継承されている。そしてママ起業ブログ最大の特徴は、愛をテーマにしていることである。ママ起業の世界では、愛が語られ、金という欲望が語られ、仕事という現実がテーマになっており、迫力満点なのである。

 

ママ起業のセミナーは、べらぼうに高い。ライター塾30万円、セルフブランディング術20万円。ママさんたちは、夢と希望を持ってセミナーに大金を費やす。そこで教えてくれるのは、アメブロFacebookでの友達申請だしまくりのセルフブランディング術と、億万長者のメルマガを書く方法。与沢とスパムが荒稼ぎである。大金が動いている。全員が全員、情弱であるという平等な競争社会である。

 

ママ起業では、一方的な搾取だけがあるのではない。セルフブランディングに成功し、スキルを売って、アイデアひとつで注目と賞賛と金を得て夢を叶えていくものもいる。そして負け組は、延々としたブログ更新とランチ会と告知で、時間とお金を失っていく。残酷なまでに弱肉強食の世界なのである。

 

ママ起業には、格差もはっきり現れる。成功している人には大金があつまり、負け組は最低賃金すら割り込んでいる。もうほんとエグくてエグくて目が離せないのである。

 

人は、愛と労働を通じ、欲望と向き合うことで成熟していくと私は思う。
愛を語り、仕事を語り、欲望と大金とスパムが動く残酷なママ起業の世界は、もう大人のリアリティで最高の学び場なのである。

 

もう炎上ブロガーからかうのも、noteの話も、ネットのおしゃべりも飽きちゃったよ。
そんな人には新しい趣味として、ぜひママ起業の世界をウォッチすることをおすすめする。完全なる魔窟になっており、超おすすめですよ。 

 

広告を非表示にする