読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

生活保護の不正受給と問題点とは何か、ナマポを知り尽くした私が語ります

f:id:toushitsufukei:20160308105748j:plain


永江一石さんが、ブログは自分が詳しく知ってて役に立つことを書くって言ってて社長もそうしろって言ってるんで、私も読者のために書いてみます。

私が知り尽くしてることはですね、生活保護です。
だからこう、書こうと思えば不正受給のアドバイスもできるし、適正受給の方法も語れる。でも人倫にもとることを書いても仕方ないので、役に立つことを書きます。

生活保護と言うのはですね、憲法生存権が保障されていて、役所に書類を提出すれば、誰でも受けることができるんです。役所はそれを拒否することはできないから、誰だって受けていいんですよ。受けた時はみんなが適正受給なわけです。

でもですね、ナマポを受けるとどうなるか。
働いたら、稼いだお金を役所に申告するルールがあるんです。
だから、生活保護費が13万だとして、パートで6万稼いだら、だいたい5万ぐらい控除されて、14万ぐらいにしかならないんです。

そうなると、選択肢が2つになるんです。

ひとつは、役所に申告しないで全部自分のお金にすること。テレビとかで報道されてる不正受給はこれです。これはルール違反で不正受給ですね。

もうひとつは、働く気がなくなるんです。
それなら遊んで暮らしたほうがいいとなる。大阪西成のおっちゃんたちがこれですね。

そしてさらに、ナマポ同士で交流して、どうやって役所からもっと金をひっぱるか、情報交換するようになる。精神病院とか障害者センターとかでナマポ同士が語り合うのは、障害者手当があれば15000円プラスになるから、精神科で2級を取ったほうがいいよとかそういうアドバイスをするようになるんです。そして精神科で嘘をついて2級にあげてもらうようになっちゃうわけです。嘘をつくようになって社会性を喪失するんです。みわよしこさんが生活保護者に取材してますけど、ほとんどの人が嘘をついてると思いますよ。

現金でもらえる仕事をしようぜとか、貯金はいけないのですけれどタンス預金して貯蓄してお金を隠そうとか、そういうことばっかりするようになる。最初は適正受給だったものが、不正受給と見分けがつかなくなるんです。

最初はありがたい制度だと思っていても、だんだんこのまま一生国に面倒みてもらおーっとって思うようになる。ここが一番の問題点なんです。実際のナマポもそうだし、メンヘル板のナマポスレとかでも、そういう話題ばっかりです。

「失職女子」という本がありましたけれども、あれだって派遣に100社落ちた女子が生きるためにナマポを選んだっていう内容ですけれども、じゃあなんで介護やったりコンビニの夜勤やったりして自立しないのか?体重100キロなのは人のせいなのか?って思うわけですよ。

失職女子のブログを読むと、不正受給はしないと一生懸命語ってましたけれども、そのうちこりゃ楽でいいわと思うようになるんですよ。それが人間であり制度の欠陥なんですね。

だからナマポの総数は増え続けて、予算が限界に来ていて、役所も水際作戦するんです。でも死んでいい人はどこにもいないのだから、水際作戦する役所はおかしいわけです。だから認知症の親を殺す人がでたり、おにぎり食べたいっていって餓死しちゃう人がでる。
憲法生存権があってみんなに生きる権利があるわけですから、路上で寝てる人もネットカフェで体売ってる人も、生活保護を受けて安全に生きる権利はあるんです。

でもそういった最貧困の人を今のナマポは救っていない。生存権がみんなにあるわけではなく取り合いになってるんですよ。役所に書類出せる知恵のある人だけが受けられる制度になっちゃってる。だから貧困層は最貧困の生きる権利を奪って生きてるんです。これが現状のセーフティネットのおかしなところです。

そして国の予算が限界にくるとどうなるか。
憲法の順序が大事になってくるわけですね。
生存権というのは、憲法25条です。憲法は数字が若いほうが優先されるので、25条というのは後回しにされる権利なんです。つまり金がなくなってくると、ナマポという制度はもう破綻する。現状そうなりつつあるんです。

追記

憲法基本的人権をベースに、あるのですが、それを順序順番に優先順位を変えるべきではないでしょうか?という意味でした、ごしてきありがとうございます。

生存権自由権を順序順に優先準備をつけるということです、

 

生存権を行使して、死者を出さずに適正受給だけにするには、増税して、ナマポ地帯を作って共同生活させて一人ひとりのお金を限界まで切り詰めるしかないんです。いまはナマポはどこに住んでもいいし、世帯ごとに住んだり一人暮らしする自由がありますけれども、その自由を制限して共同生活させて働けない人はギリギリのお金で暮らしてもらうしかない。

現物支給したってクーポンにしたって、コストが増えてクーポン売る人がでるようになるだけなんです。だから貧困ビジネスがナマポアパートを作って搾取してるわけです。それでは受けてる人も幸せにはなってないんです。

働いた分だけ自立できる負の所得税とか控除をいじって労働意欲を改善させて、働ける人には働いてもらう、それをすべきだと思うんです。

いまは喰い合いになってるし、貧困ビジネスは横行してるし、みんな不正受給と見分けがつかなくなって問題点だらけなんです。

死んでいい人は誰もいないわけです。みんなに幸せに生きる権利があるよという生存権は高い理想なわけでなくしてはいけないんです。不正受給は許せないとプンプン怒るのも当たり前のモラルなんです。

だからそれを守って不正受給をなくして憲法の元で全員が平等に幸せに生きるには、増税と、負の所得税と、貯蓄と控除と、集団生活と、限界までの支給カットしかないわけです。

いざとなったらナマポがあるやと思っていてはいけないし、今のナマポを安易に賛美してはいけないし、推奨しててはいけないと思うんですよ。改革が必要だと思うんです。みんなに幸せに生きる権利があるという生存権は高い理想で、せっかくヨーロッパが戦争で大勢の人が死ぬのを見るのはもう嫌だと思って作ってくれた生活保護制度なのですから、正しく使うには改革が必要なのだと思うんです。

それが必要な改革であり、生活保護に対して求めるべき真の提案だと思うんですよね。

 

この記事には続きがあるよ。

toshitsu.hatenablog.com

広告を非表示にする