読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

千葉市にある編集プロダクション「かずinc」の公式ブログです。お問い合わせはnamonakiwriterあっとgmail.comまで。

オンライン秘書か、アシスタントがほしい件

f:id:toushitsufukei:20160513083800j:plain

4時半起床。体重が大幅に増えている。晩ごはんも15時頃までに食べているのに…。たぶんホルモンの関係や暑かったので麦茶を1リットルぐらい飲んだからだろうけれど、いきなり大幅に増えていてびっくりだ。でも今日も淡々とジムに行く。

 

仕事も淡々とする。ここ数日、Twitterやったりブログばっかり書いてるのは、かなり高単価の案件を受注したから。でもその記事も明日で終わりそうなので、また通常営業の多忙モードに戻る。

 

暑くなってきて、自転車でジムに向かうのが楽しい。ジムは体重よりも汗をかくのが気持ちよくなってきた。減量とか引き締めとかいうことではなく、汗を出すこと自体が楽しい感覚。とっても気持ち良い。体調もすこぶるよく、これは次の診察が楽しみだ。ここ数日の体調だけでいうと、私は障害者手帳3級でもおかしくない。それぐらい気持ちがよくスッキリした日々を送らせてもらっている。

 

でも、実はいまだにときどき幻聴はある。なぜ幻聴か事実か判断できるかというと、それは経験上。初発の入院時の激しい幻聴と、薬を飲み忘れて思考混乱した2度の入院歴があるので、わかるようになってきた。壁の向こうから聞こえてくる感覚の時が幻聴で、実際に目の前で人が会話しているときは普通の声、というふうに自分でジャッジできるようになってきた。そろそろ統合失調症のプロフェッショナルと名乗っても良いぐらいだ。幻聴とリアルをジャッジできる患者はめったにいないはずだ。えへん。

 

さて、本の出版も進んでいる。サンプルで貰った本を見ていると、あまりの高品質さに恐れおののいてしまった。でも結城メルマガのバックナンバーなどを読みながら、丁寧に進めている。古くて新しい技術。いまさら聞けないこのテクノロジー。それの最新のトレンド。1本10万のお客さんの仕事も活かせるし、本の仕事が1本10万のお客さんの仕事にも活かせる。なんたるミラクル。新年度になってから、仕事の中身がガラリと入れ替わってストレスも激減して、心身ともに気持よく働けている。ただ、もっと仕事はほしいかな。100記事の高単価の依頼が3件来ていて、ちょっとその仕事量に臆しているのはあるが。

 

今抱えている顧客は27社。100万円のお客さんが1社と、4万のお客さんが25社あれば、月収は200万円になる。でもさすがにそこまで仕事したくない。ジムに行きたいのと、ブログ書いたりする時間、病院に行ったり太陽の光にあたったりする時間も必要だからだ。

 

ただ、3日に1度ぐらいのペースで、社長に「お前は金にルーズ」と説教される。この27社のクライアントの全入金日を把握しきれていないからだ。表を作って、入金日をメモったほうがいいだろうか。ああ、秘書がほしい。オンライン秘書のサービスで、売上をグラフ化したり入金日の管理をしたり、締め切りのマネジメントなどを行ってくれないだろうか。

 

今日も生きる。淡々と。

 

体重 スタート比±0。前日比1.6kg

 

広告を非表示にする