千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

友達がほしいような、ほしくないような

f:id:toushitsufukei:20160619065010j:plain


私は結構、「友達多いでしょ」と言われる。
確かに、誰とでも気兼ねなくしゃべるから、連絡先を交換することは多い。
高校時代の友達、大学時代の友達、社会人になってからの友達、無職派遣時代の友達、そして、病気になってからの友達。

 

でも私、実は、統合失調症になった時に、一度全員の連絡先を消している。
ストーカーに追われていると思い込んで、Facebookも退会した。
ぜんぶ、病気のせい。病気になったせいで、友達を断捨離してしまった。
病気になったことをブログではオープンにしてるけれど、リアルではなかなか言えない。

 

どんなときも私を見捨てない親友がいたけれど、死んでしまった。
そのせいで、とてもさびしい。
でも病気になってからも友達は出来たから、それはそれでいいんだけど、病気になってからできた友達は、お金のない友達が多い。
生活保護障害年金で暮らしてる人が多いから、仕方ないのだけれど。
さすがに、生活保護の暮らしをしている友達とは、話題があわなくなってきた。
だって向こうは働いてもいないし、お金も持っていないんだもん。常識も欠ける点が目立つ。

 

なんか、せめて普通に働いてる友達がほしいなあ。
もう大人になってしまったら、友達を作るなんて無理なのだろうか。
さびしいなあ。

でも誰と話しても、もう死んだあの子のような何もかも理解し合えるような友達は、できないのだなと比較してしまう。そして悲しくなる

 

趣味の英語やジムで、友達できないかなあ。
茶飲み話できる友達がほしい。
そのためには、まずは自分が魅力的な人にならないと。
それが一番難しいんだよな。

 

広告を非表示にする