プライシングって難しい!でも楽しい!

 

f:id:toushitsufukei:20160715112527j:plain

ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』でも、プライシングの練習してみよーみたいなことが言われてたと思います。
自分にいくらの価格をつけるかは、非常に難しい問題です。

さて、ランサーズから、「高単価のクライアント情報教えます」についてメールが来ました。内容は、このままだと誤解されるからタイトルや出品内容を工夫してみては?というもの。もちろんこの出品は、”ナレッジ出品”と呼ばれていて、やる気のあるランサー同士での情報交換をランサーズも推奨しているようです。

なので、中身を大幅リニューアルして、値上げしてみました。
また新しい情報がはいっているので、お得ですよ。ランサーズ外のクライアントの情報も3件、入っています。直接契約ですよ。
前に購入してくれた人は、差額分で最新の情報をシェアします。

www.lancers.jp

 

ナレッジ出品はいいのですが、私が悩んでいるのが、ライター相談室のプライシング。
私が90分間チャットで相談に乗って、そのチャットにはいくらの価値がでるかというもの。最初は1000円でやっていたのですが、さすがに1000円だと負担が大きいのでじわじわ値上げしました。

でも、いろいろなことを試してみて、今の価格は5000円。まあ、話したところでやるのは自分ですし、私はその後押しをするだけですしね。

ママ起業なんかをみてると、めまいがするようなプライシングなので、私なんて安く自分を見積もってるなーと思ってしまうのですが・・・ママ起業のプライシングはちょっと異常ですからねえ。ママ起業だと、90分のコンサルで15000円は取るので、私のはママ起業の1/3ということになります。まあ、仕事しながらのチャットでもいいかと思っていたのですが、意外と集中力が必要で、仕事がおいついていません。

www.lancers.jp

 

でもまあ、ちきりんさんの本に照らし合わせてみると、こうして値段付けを考えることも、マーケット感覚を鍛えていることになるんでしょうね。面白いですね、プライシングというのは。あまりに高くても買ってもらえないし、でも高いほど価値がでることもあるし、逆に、相談チャットなんかは別に売れなくてもいいやと思っているしで。

プライシングというのは面白いです。ちきりんさんの本に出会っていなかったら、こうしてマーケット感覚を楽しむこともなかっただろうと思います。