失敗ブログ飯を探そう

f:id:toushitsufukei:20160715110330j:plain

私は休憩時間にいろいろなブログを巡回しています。
ライターの情報を探して仲間を作りたいわけではありません。
コケてるブログを探しているのです。

 

それを私は「失敗ブログ飯」と呼んでいます。
成功したブログ飯は好きではありません。
明るくて、キラキラしていて、謎の名言を吐いていて、オフ会で楽しそうにしているプロブロガーのブログを読んでも、ぜんぜん面白くありません。プロブロガーのブログは読んでないです。

 

プロブロガーを目指して日夜更新し、金のにおいに敏感で、クソ記事ばかり更新していて、ぜんぜんアクセスがないブログを読むのが楽しいのです。そういう人がたまにかく、悩み記事、泣き言記事が最高に面白いのです。

 

別にバカにしたくて読んでいるわけではありません。
凡人にとっては、人様の失敗の方がためになるものなのです。
なので、見つけた失敗ブログ飯は私の失敗学の師匠だと思って大事に拝見します。

 

だいたい、失敗ブログ飯は、顔出し本名出しで、いばや通信が好きな人の周辺に転がっている傾向が強いです。いばや通信そのものは、まあ悪い人ではないのでしょうけれど、ああいったおかしなポエムに頭をガツンとやられてしまう人は、薄っぺらい記事を書きがちです。

 

なので、「いばや通信 オフ会」とか「いばや通信 名言」とかでコツコツ検索して坂爪さんの言葉を紹介している人を探します。たいていクソ率が高くておすすめです。

いばや通信の人は、お茶してると突然、

 

「強さって何だと思う?」

 

とか聞いてくるそうです。友達がお茶飲んでるときに突然そんなことを言い出したら、大丈夫かいなと思いますね…。

 

まあ、そうした背筋の凍るような名言をシェアしたり、紹介したりしてくれる人は、何かと薄い自己啓発を書きがちです。なので、見つけたらそうしたクソ記事をじっと読んで、ひたすら耐えます。そのうち、「アクセスがない」とか「ぜんぜん稼げない」とか、泣き言を言うようになりますので、そういった渾身の失敗学記事を待つのです。

 

ブログはアクセスが少なければ少ないほど、面白いと思います。人の目を引かないような、明後日の方向に向かって走っているブログを読んで、「ああ、今日も薄いこと言ってるなあ。お金も失ってるなあ。私はとうぶん安泰だこりゃ。」と感心するのが私の時間つぶしです。

 

ただウォッチするんじゃなくて、失敗学を学ぶのが大切です。
ブログサロンに入っても意味がないこと、多重更新しても中身がなければ関係ないということ、自分の強みばかり探していても顧客目線を失っていては仕事は来ないと言うこと、などなど、いろいろなことを学べます。

 

そして情報弱者ほど、お金に汚く、その割にお金を稼ぐためにお金を使ってしまうという欠点があります。失敗ブログ飯は金に汚い人が多いのが特徴です。

 

そうした人が書く、負のオーラに満ち満ちたクソ記事を読みながら、ああ、この人は本当に金に汚いなあ。そして薄くて情報弱者やなあ。と思うのです。でも、そういった人が書く、泣き言記事は、学びの宝庫です。

 

最初はウォッチしていたつもりが、いつのまにかファンになってしまうので、そうしたコケてるブログにはとても魅力を感じます。
性格が悪いのはわかっています。
プロブロガーのブログなんか読んでも全然面白くありません。
誰も見つけていない、輝く失敗ブログ飯に出会いたいと願っています。

 

関連記事

toshitsu.hatenablog.com