【体験談】昔、Welq(ウェルク)じゃないけど他のキュレーションメディアで書いてたことある・・・

f:id:toushitsufukei:20161101200023j:plain

Welq(ウェルク)が、医療デマ情報を流しているとして炎上しています。
「死にたい」でGoogle検索すると、アフィリンクのある記事が出てきたことも問題視されていたようですが、ここにきて、永江一石さんの記事で炎上。いや、大炎上か。。。
DeNAはこのWelqで荒稼ぎしているようですが、命に関わることもあって、デマやパクリ、著作権侵害、肩こりを霊のしわざだと言うなど、非科学的な内容が批判されています。

さて、2年ほど前、まだライターを初めて間もないころ、私もキュレーションメディアで書いていたことがあります。
Welqはありませんでした。ランサーズforBusinessという、マガラニカのランサーズ法人アカウントの担当者から依頼されて、キュレーションをやっていました。
誘われた時、

「キュレーションができると、今後のスキルにつながって将来仕事が増えますよ!」

と言われて、かけだしのライターだった私は、「キュレーションってなんだろう・・・でも仕事が増えてスキルになるのであれば、やってみよう!」

と思って参加することにしました。
単価は、1文字1円でした。
ランサーズ手数料と税込みです。1000文字で1000円という形だったと思います。
私が担当していたキュレーションメディアは、QooNELLというサイトです。

qoonell.me

 

医療系ではなく、グルメでした。グルメやモテを追求するまとめサイトですね。

キュレーションといっても、ターゲットが、”ぽっちゃりさん”なので、なるべく太ることはいいことだ的な路線でユーモアたっぷりに行って欲しいと言われたので、

「秋のコーディネートは茶色に赤の帽子を添えて!焼きそばには紅しょうががつくのと同じだ!」

みたいなことを書いて、ランサーズの担当者を爆笑させたりしていました。
カロリーの高いアイスクリームを紹介したり、太っている人に最適なコーディネートを提案したりなど、いろいろなサイトから300文字ずつ引用して、引用元を明記し、リンクをつけてタグで囲んだ上で、オリジナルのコメントもつけて投稿していました。

オリジナルの分量は、1記事あたり1000文字程度でした。だから1記事1000円でやっていました。朝5本書いて、昼に5本、夜に2本書いて、1日12本ぐらい書いて、手取りで日給1万円もらっていました。

当時の私は、キュレーションが何なのかわかっておらず、パクリという意識もありませんでした。ただ、言い訳させてもらうと、QooNELLは、太いを楽しむお笑い系キュレーションだったので、オリジナリティはあったのだと思います。私がQooNELLを担当していた当時、Webライターのヨッピーさんがキュレーションメディア批判をされていて、私はそこで

「はっ、キュレーションって他人のコンテンツをパクってるってことなのか」

と気が付きました。そこで、当時、永江一石さんに(だったと思う)Twitterで、「キュレーションで許されるのはオリジナルコンテンツ何%ぐらいですか?」と聞いたら、たしか「70%」と回答があったと思うので、できるだけオリジナルコンテンツに力を注いで、自分が担当している記事だけは、オリジナルの部分が面白くなるように頑張っていました。
それでも、1時間に1000文字書いて1記事書くスピードでやっていたので、結構早かったと思います。記事を書くだけでなく、コンテンツを探したり、引用したり、CMSに引用コンテンツを登録したり画像を探したりする手間があったので、かなりのスピードで作業しても、1時間1000円がやっとでした。

でも当時の私は、12時間ぐらい働いて日給12000円、手取り1万円で月収30万ぐらいをキープしていましたので、ちょうどいい単価だと思って、喜んでやっていました。

 

担当者のチェックはありました。クライアントではなく、ランサーズの法人アカウント担当の方でしたけれど。どういう形でチェックされていたのかはわかりませんが、フィードバックはあまりありませんでした。担当者が話好きだったので、個人的な会話はたくさんしましたが、キュレーションの善悪や、引用先についてのコメントはありませんでした。まあ、ランサーズでも下っ端っぽい人が担当でしたから・・・。

ただ、Naverまとめから引用するのはダメと言われたような気がします。それ以外は、あといくつか引用禁止なサイトがありましたけれど、それ以外は自由に書いて良かったのです。

正直、「ぽっちゃりを楽しむキュレーションなんてニーズあるのだろうか」と思いながら書いていましたが、QooNELLはいまだにサイト更新を続けているので、ニーズはあるのだと思います。誰かが私がやらなくなった案件をやっているのですよね。

私がクーネルを担当したのは、2ヶ月程度です。ちょうど2年ほど前のサイトオープン時にやっていました。今ではランサーズにはキュレーションの案件は非常に多く、レギュレーションも非常に厳しくて割にあわないそうなのですが、2年ほど前はレギュレーションも厳しくなく、ネットからホイホイコンテンツを借りてきて引用し、オリジナルのコンテンツを50%程度つけて、量産していました。

でも、ヨッピーさんや永江さんが2年前に警告を出していたので、私は自然とキュレーションの案件から遠のいていきました。誘いも来なくなって、できればやらないでおこうと考えるようになり、そこから別の道を探した感じです。

グルメやファッション、モテがテーマだったので、しかもお笑い案件だったので、ギャグを言いながら書いていました。キュレーターとしては名前はでませんでした。後に何か残ったかというと、担当者と仲良くなったぐらい。でも、悪い印象もいい印象も持っていません。ランサーズには当時、1文字1円の案件を大量に流してもらっていたので、そのうちのひとつという感じで、単価が合うのでやっていた感じです。

Welqはもうちょっと単価がやすいようです。私は1円以下ではさすがに仕事受けられないので、Welqは仕事にできないのですが、何もしらなかった2年前にランサーズから紹介されていたら、受けていた可能性はありますね・・・。でも、医療系は正しい情報を調べるのにとても時間がかかるので、グルメやモテみたいに気軽にはできなかったかもしれません。

別に何か嫌な思いをしたわけではないのですが、もうキュレーションには関わりたくないので、お客さんから、「キュレーションお願いします」と言われるとドキッとします。大抵は、オリジナルのコンテンツなのですが。

いまのランサーズにはキュレーション案件がとても多いみたいです。でもルールが厳しくて時給が低くなってしまうと噂で聞きました。かなり案件が多くなっているので、それだけニーズがあるし、やってる人も多いのだと思います。

でもこれだけ炎上してるし、怖いものみたさでWelqとか他の医療系キュレーションの案件を1件だけ受けてみようかな・・・もしWelqを受けることになったら、またブログで報告してきます。