ライターをやっている人がランサーズやクラウドワークスで効率よく案件を探す方法

昨日の記事で、ライターをやっている人が、ランサーズやクラウドワークスで全件検索することをおすすめしました。「相場感覚が身につく」「ついでに掘り出し物案件にも出会えるかも」というのが理由です。でも、全件検索するのは時間がかかると思います。
ランサーズにもクラウドワークスにも、2000件ぐらい案件があるので、いちいち見てるのは大変です。そこで、私がやっているやり方を書きます。

これだと、2時間ぐらいで全件検索が終わると思います。
だいたい、単価1円~3円で仕事していて、ランサーズとクラウドワークスだけで20万ぐらい稼いでなんとか生活を成り立たせたいという人を対象に書いています。

まず、案件を絞り込みます。
条件を「プロジェクト」「固定報酬」で絞り込みます。
クラウドワークスの場合は、先に「必要なスキル」を「コンテンツ・ライティング」で絞込、そこから固定報酬で絞り込みます。

f:id:toushitsufukei:20170313201843p:plain

 

f:id:toushitsufukei:20170313201841p:plain

 

 


そして、案件を「新着順」にソートします。
これは残り時間が少ない順に見るほうがいいのかもしれませんが、私はなぜか新着順から見るようにしています。ここは「応募期限が近い」順にソートして見ていっても良いかもしれません。

そして、ザザーッと流し見します。マウスのスクロールを使って、上から下に流し見します。
まず、「初心者歓迎!」「主婦歓迎」と書いてある案件はパスします。そもそも初心者とは違うし主婦でもないならなのと、単価があまりに低すぎることをこの時点で暗示しているからです。

そして、「単価1円」と書いてある案件をお気に入りにいれます。また、ランサーズとクラウドワークスで両方出ている案件や、前に取引してあまりいい感じになれなかったクライアント、無料で出品できるからといってやたら大量に出品しているアカウントはスクロールでスルーします。

単価1円でもお気に入りに入れるのは、たいてい単価交渉が可能だからです。
アフィリエイターさんのブログを読んでいると、「外注さんには単価1円で出しましょう」とみんな言ってるので、1円の案件が多いのだと思います。キュレーション案件が総ツブレして、最低単価を保証してくれる案件がなくなってしまった以上、アフィリエイターさんにうまく抱えてもらうのが、収入安定化の近道です。
単価1円と書いていても、単価交渉で大きくアップしてもらえることがあるので、私は1円の案件でもとりあえずお気に入りにいれています。

あとは、なんとなくタイトルで単価が高そうだと思った案件は、どんどんお気に入りにいれていきます。

気になるリストは、ブックマークにいれておきます。
クラウドワークス

https://crowdworks.jp/public/jobs/s/watchlist?order=-expires

ランサーズ

http://www.lancers.jp/mypage/watchlist_work/all/recruiting/page:1/sort:Work.deadline/direction:asc

このURLからアクセスします。これだと、お気に入りを残り時間が短い順に表示できるので、ランサーズとクラウドワークスにアクセスするたびにこのお気に入りが表示できるので、応募しようか考えるときに役立ちます。ブックマークにいれておきます。

これで、あとは既存の顧客とやりとりするたびに、このブックマークからアクセスすることで、目につくので「この案件応募してみよっかな~」という気になったら応募します。

仕事が少ない人は、どんどん応募していくと良いでしょう。
マウスにスクロール機能がついていない人はスクロール付きのマウスに変えて、コロコロ転がしながら、高速で案件をチェックしていきます。こういった作業は効率化が命なので、私は2時間空いていたら、全件検索します。疲れますけどね。

相場観も養われるので、よかったらやってみてください。

 

@@@

小さな取材の仕事が入ったので、明日からちょこまか出かけてこようと思います。
体調も悪くないので、電車に乗って取材に行ってきます。
今日は一日中家にいましたが、たまには取材の旅も良いものですね。
千葉の取材が終わったら、東京もお願いしますと言われているので、もしかしたら都内にも出かけるかもしれません。でもまだ未定です。

 

 

今日の売上
専門記事 24300
専門記事 2700
専門記事 1523
専門記事 6000
ニュース 32400
合計66923