千葉市の「かずinc」(名もなきライターのブログ)

かなり多忙です。2018年2月頃少し手が空く予定です。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

子育てしながらWebライターやってるパパさんママさん、本当えらいよ

f:id:toushitsufukei:20170207124022j:plain

いやあ、私は子供がいないので「仕事中に子供が話しかけてきても、集中力が高ければ仕事はできる。子供を理由にするのは甘え」とか思っていたのですが、そんなことはないですね。

うちのパートナーは家事をまったくせず、(なぜかコーヒーの詰替えだけはやってくれる)うちに来ると口だけ動かしてピクリとも動かないのですが、「コーヒー」「麦茶」「アイス」「Gmailの使い方教えろ」とかオーダーされるたびに仕事の集中力が切れて、ほんとうに生産性が下がるのです。。。

私は人間が小さく、仕事に集中してしまうタイプなので、話しかけられると本当にうっとおしいと思ってしまうのです。それがたとえ、誰であっても・・・

アラフィフの大人相手でもそうなのですから、これが自分で自分のことができない子供が、困っていたり頼ってきたりしたら、本当に仕事なんてやってられないと思います。

家事して、育児して、スキマ時間にWebライターして、、、なんて私には本当に無理です。

でも、家事でも苦手なことはあると思いますので、遠慮なく家事代行を利用して、
その分稼げば良いと思います。子供さんとの時間も増えますし、経済も回ります。
家事代行さんって結構良いですよ。私の家に来てくれてる人なんて、「体調はいかが?」「ハムちゃん元気かしら?」「お仕事ごくろうさま。冷たい麦茶いれましたよ」なんて言ってくれて、めちゃめちゃいい人です。

ただ、家庭を持ってしまい親となると、どうしても常識や良識を重んじるようになってしまいますから、なかなかキレたオピニオンが出てこなくなるのですよね・・・。
会社員だとそれで評価があがるかもしれませんが、フリーの世界はちょっとまた特殊な世界なので、よっぽど知性がないと、大手メディアやオピニオン系メディアで活躍するのは難しいかもしれません。

ただ、Webライターの需要は伸びていくばかり。いろいろな仕事がありますので、子供を慈しみつつ、稼いだお金でいろいろな経験をするということは、金欠で苦しむよりもよほど良いことだと思います。

私も平凡で良いのでそのような生活を送りたかったですが、病気と再就職の難しさでそれを諦め、いまは家事すら全部丸投げで仕事しかしていない状況です。ああ・・・

昨日の売上
ニュース 16200
専門記事 5400
専門記事 9450
専門記事 9450
専門記事 13500
ニュース 32400
合計86400