千葉市かずInc.(名もなきライターのブログ)

2018年は思想の最前線を追いかけていきます。すっころんだらご容赦を。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

メンタル通院日記(あまり読む意味はありません)

f:id:toushitsufukei:20170207153954j:plain

愚かなことに、月末の忙しい30日に予約を入れてしまいました。
めちゃくちゃ慌ただしいのに、朝、ネタ出しして記事一本書いて、自転車で出発。
早く出発したことを社長に「やる気があって偉いぞ」と言われました。
今日は40分かかりました。
ちょっと行く経路を変えてみたら、外資ショッピングモールがなくなっててブックオフになってました。
以前、私が派遣社員の職場で統合失調症を発症した現場近くを通りました。
なぜあんな道を通ってしまったのだろう?

やっとの思いで病院についたら、順番は3番目。
今月は、体調が良かったのでそれを医師に報告。
しっかり眠れていて、朝も早起き、がんばって仕事をしていて、家庭内も円満。
トラブルも特になし。
4月に医師が転勤で代わったばかりだけれど、この医師とのコミュニケーション方法が
なんとなくわかってきたような気がします。

副作用で増えた体重も、やや減り気味。
医師は「いい感じじゃないですか~」とは言ってくれたものの、
なんとエビリファイを増やすという。
結局、12mgにされてしまった。いい感じなのに何故かと言うと、
私は2年ぐらい前から、ある妄想に取り憑かれているのです。
その妄想の内容は医師にしか言ってないのだけれど、それがあるから、ひとりで外出がかなり困難なのです。

土日の外食でも外でしゃがみこんでしまって社長に介抱されたり、ひとりでゴミ出しに出てせん妄が走ってしゃがみこんでしまって社長が探しにきたり。まあいろいろあるんです。

でも、治安の良いところではそうした妄想がでないんですよね。
最近はたまにレストラン代をもらってるんですが、良いお店に行っています。
店員もレベルが高いので、せん妄がでなくて済みます。そういう傾向、あるみたい。

脳の病気は本当にやっかい。一生ものです。
その妄想の内容が、やっぱり薬を増やしたほうが良いという判断につながったのでしょうかね。
まあ、エビリファイはやる気が出る薬で痩せる薬でもあるので、気長に飲んでいきましょうかね。

そんなこんなで、また来月も通院です。
吐き気はだいぶおさまりました。ご心配おかけしました。