千葉市かずInc.(名もなきライターのブログ)

2018年は思想の最前線を追いかけていきます。すっころんだらご容赦を。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

労働そのものが終わりゆく時代に

f:id:toushitsufukei:20180105031503j:plain

時代には空気というものがあります。

 

私は性格的に、対人の空気を読むのは苦手で、言っちゃいかんことを言っちゃいかんタイミングでいって損するタイプです。しかし若い頃は、それなりに時代の空気に敏感でした。私は高卒で社会に出ましたが、同世代はみな就職氷河期で苦労した世代です。よって、「非正規は自己責任」という世論には納得行かないという論調で何度かWebメディアで記事も書きました。

 

スポンサー

 

 

さまざまなバブルと私のキャリア

1997年、これからはITの時代だという空気を感じ、IT業界に入りました。就職がうまくいったのは当時Y2Kバブルがあったので、単なる高卒女子であった私も仕事があったのです。そして2000年、インターネットの高まりを感じて東京に出てきました。最先端のインターネットベンチャーに入れたのも、バブルの空気の中で需要があったからです。

 

さらに私は、その数年後、大手SIerにも転職しています。東証一部上場企業に入れたのは、当時、e-Japanバブルがあったから。若い頃の私は、実力というよりは時代の空気を読むことでなんとか生き抜いてきた感じでした。

 

その後は、ワークライフバランスを求めて事務員になったのですが、重篤な病気になってしまい…しかし、比較的早期にクラウドソーシングを始めることができたのも、自分が生きていく上で、敏感に時代の空気を感じ取る力がかろうじて残っていたからかもしれません。

 

コンテンツマーケティング・バブルは紙媒体で活躍していた多くのライターさんを失職に追いやり、時代を変えてきました。私はまたしてもバブルに乗り、なんとか生きながらえているのではないかと感じています。

 

新しい時代の夜明け

しかしブロックチェーンについてはさっぱりです。海外ノマドに憧れ、大石哲之さんを4年前からフォローしていたものの、ビットコインが来るとは読みきれませんでした。感性の鈍りを感じます。昔の私だったら、昨年の年末に仮想通貨へ資産を全ツッパして爆益をだしていたことでしょうが、病気のため金銭管理が思うようにいかず、彼に財布をあずけているため、思うように動けません。動けたとしても病気のため心配です。

 

元旦に、仮想通貨でお金が蔓延し、労働そのものがオワコン(終わったコンテンツ)になりつつある、ということを書きました。元旦から何をまじめにと思うかもしれませんが、バズったわけではないものの、この記事は結構好評でした。

 toshitsu.hatenablog.com

 

好景気を堪能した親の世代。パートナーはお金を大事にするバブル世代、私はその下の氷河期世代、そして思春期からインターネットと付き合ってきた88世代がいて、さらにその下に、生まれた頃からネットとガジェットがあるデジタル・ネイティブの世代が台頭しつつあります。

 

トークン・ネイティブたちの誕生

そして、『お金2.0』によると、ビットコインアナーキズムICO、企業のトークン配布などによってはじめから生活に困らない「トークン・ネイティブ」の世代が生まれる。彼らは私たちを一斉に旧世代へと追いやり、新しい時代の空気と価値観を作っていく。

 

労働が終わりゆく時代。私はそれでも早起きして仕事を続けると思います。生活のために働く必要がないトークン・ネイティブの時代には、「どう生きるか」そのものが問われているのではないかと感じているのです。

 

2年半前の本ではあるものの、『お金2.0』の作者、メタップス佐藤社長の本を読んで、そんなことを考えました。まだ読んでる最中ではありますが、とてもエキサイティングなのでおすすめです。

 

 

素朴ながら情報発信していくこと

親と同じ年の家事代行さんが、熱心に仕事をしてくれるのを見て、いつも「ありがたいけど、時給1,000円ぐらいだろうな。私のようにパソコンが使えればすぐに稼げるのに」と感じます。しかし若い人にとって私は「がんばってるけど、早くからブロックチェーン技術に気付いていれば、セコセコ働く必要なんてなかったのにな」と思われているかもしれません。

 

私が独り身であれば、仮想通貨に全ツッパしてそれで生活をしていたと思いますが、私はもうひとりではありません。大切な家族がいる。家族を大事に、仲良く、日々を過ごしていきたいと思います。そして、お金があってもついついやってしまうこと、それこそが本来やるべき仕事なのでしょう。

 

お金も労働も、当たり前に、何があろうともそれを手放さず暮らしていくこと。そして最低限で良いのでSNSで情報発信していくこと。単純なようですが、その日々の積み重ねこそが、私にできる「新しい時代の生き方」ではないかと感じています。

 

ところで、昨日の売上のメモ

オウンドメディア1 24570

オウンドメディア2 30000

合計 54570