千葉市かずInc.(名もなきライターのブログ)

2018年は思想の最前線を追いかけていきます。すっころんだらご容赦を。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

努力をしてきたからこそ、悔しいのである

f:id:toushitsufukei:20180310073121j:plain

 

「アンテナをビンビンに張って感度を高める。その感度を上げる方法は、『仕事が好き』という思いだけ。」

 

ウーマンラッシュアワー村本大輔氏のライブに行こうと思い、著書の『村本論』を読んだりDVDを視聴したりしています。この人は結構、自己啓発的なこともいえるので本面白かったですよ。ただの俺流お笑い論ではなく、しっかりとした他者の啓発もできています。

 

 

スポンサー

 

 

 悔しさとは努力の証

 

努力を続けること。歯を食いしばって、「好き」という気持ちと、悔しさや妬みそねみ、その原動力としてかけぬける。本気でやってるからこそ、悔しいという気持ちがわいてくる。

 

これ、わかりますねえ。私も、ネガティブな動機で仕事に取り組んでいるとき、あるんですよ。コンペに負けて悔しかった、人から嫌味を言われた、そして過去の仕事における悔しかったことや自分に課せられたハンデキャップ(病気)のこと・・・。

 

弱さをおさえこまず、口にすること

 

先に売れた南海キャンディーズ山ちゃんをずっとテレビでみていたこと。大好きな女の子に「キングコングを紹介して」といわれたこと。恨みは村本のガソリン。走り続ける高速漫才。いいたいことは山程あるから。

 

『村本論』けっこういいぞ!

 

『村本論』、意外とおすすめです。メルカリでは売り切れだけどAmazonなら350円ぐらいで買えるので、一度読んでみてください。私はファンなので定価で買いましたが。村本のライブ、行ってみたいな。どんな話するんだろう。

 

ファンはお金を落とす存在

 

結局、テレビやTwitterの発言だけみて批判するアンチの人たちは、お金を落とすファンの存在にはかなわないのです。それは村本も十分わかっているはず。よって、私はファンなのでお金落としにいきます。DVDも買いました。

 

 

何かと騒がせる炎上芸人、でも、トップランナー。次のお笑いの時代を築いていくだろうスターの頭の中身が見れる貴重な一冊です。

 

ライブは14日。どんな話が聞けるかな。

 

 

 

スポンサー