千葉市かずInc.(名もなきライターのブログ)

2018年は思想の最前線を追いかけていきます。すっころんだらご容赦を。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

わたし流の、好きを仕事にする方法

f:id:toushitsufukei:20180514202114j:plain

 

 

はあちゅうさんのおっしゃる通り、関心を持つ対象を自分で選べる時代になりました。気に食わないものは見なきゃ良い、好きなものだけみて、自分で人生を作っていく。そこに仕事があれば最高じゃないですか?関心のないことも、仕事にしちゃってないだろうか?そんなふうに感じたので、私がいままで自然と行ってきた、「好きを仕事にする方法」をお伝えします。

 

 

スポンサー

 

 

最新の情報はSNSからやってくる

 

 

 

このツイートに書いたまんまです。掘り下げていくと、多くの人が、Twitterマストドン、インスタグラムを「アウトプットのかけら」として利用しています。つまり、リアルで何か刺激を受けて、行動や体験、そして読書や友達との語り合いから、何かをインプットし、その断片をはきだすのにつかっているのではないでしょうか。

 

少なくとも私は、そうした使い方をしている人を多くフォローしています。よって、まずはSNSで自分が仕事にしたいなーと思うジャンルの人を何人か、ぱらぱらとフォローしていきます。

 

そしてたまにリプを飛ばすなどして、その人の考え方に触発された内容をリプライで返し、交流するのです。思想が最先端であればあるほど、そうした人はフォロワーもまだまだ少ないので、相互フォローになってくれるケースが多いです。そして、より深く関わっていくのです。

 

本を読むなら初心者向けで

 

そして、自分が攻めたい分野の本を何冊か読んでみます。「仮想通貨」でも「ジェンダー」でも「働き方」でも良いのではないでしょうか。初学者向けの本が多数出ていますので、そこからさらに、評判がいい本を選んで、インプットします。

 

私はいま、ジェンダー関連に関心があるので、いくつか買ってみました。古くてもOKだということに気が付きました。メルカリなら安く買えますし、Amazonでも図書館でも良いのではないでしょうか。

 

とにかく、初心者向けの本を買うことだと思っています。下手に自分のあたまに自信があると、難しい本を買ってしまいがちです。でもそれってたいてい、「難しい本を読んでる自分が好き」で終わっちゃうんですよね。

 

アウトプットを行い、一家言持つようになるには、初心者向けの本を読んで、さらに自分でじっくり考えることが大事ではないでしょうか。とにかく思考しまくります。

 

情報発信することで、仕事につながる

 

そして、自分の身の回りをその関心あるジャンルでかためたら、次は勇気を出してチョロチョロと情報発信していきます。声を高らかに上げる必要はなく、SNSで思考の断片をアウトプットし、ブログやnoteでじっくり書く、というのでも良いはずです。

 

とにかく自分が学んだことを一生懸命書いてみると、それに近い属性の人たちが集まってくるので、いやらしい話ですが、より仕事につながりやすくなります。

 

私はこれで、「ビジネス」「不動産」「働き方」「芸能」「ニュース」といったジャンルを開拓してきました。クラウドソーシングや募集サイトで、案件が出てから学ぼう、というのではちと遅いですね。事前に網を張っておくことが重要です。

 

何に関心がありますか?

 

最近関心があるのが、ジェンダー論。男女同権や、女性性・男性性といったものに関心があります。古くさい「男らしさ」「女らしさ」からの解放。私のフォロワー属性とはあまり相性が良くないので、ジェンダーに関して発言しても、ほとんどいいね!はつきません。でも、なんかそれに関して自分なりの知見が持てたらな、と思っています。

 

 

 

 

スポンサー