千葉市かずInc.(名もなきライターのブログ)

2018年は思想の最前線を追いかけていきます。すっころんだらご容赦を。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

ミニサイトで滞在時間を伸ばし直帰率を下げ、深く読んでもらいバズを起こす方法

f:id:toushitsufukei:20180530150518j:plain

 

2つのブログを運営しています。Webライターとしての記録を綴った本ブログ「名もなきライターのブログ」と、持病について集中的に書いたミニサイトの「スキゾログ(旧:統合失調症ポジティブ情報局)」です。

 

今回、ミニサイトのほうがバズりました。いろいろ読まれたので、これまでの本ブログのバズ経験や、ミニサイトがたった19記事でバズった秘訣を少し掘り下げていこうと思います。

 

趣味のミニサイトをのんびり運営したい、滞在時間を伸ばしてじっくり読まれたい、ミニサイトを運営してバズを起こしてみたいな、という方、よろしければ。

 

※本記事はもともと有料noteだったものを無償公開したものです。購入者には返金させていただきます。

 

【もくじ】

 

 

 

スポンサー

 

 

リアルタイム300人、バズのスタート

 

2018年5月29日、ミニサイトにバズが起こりました。バズったのはこの記事です。

tougou.hatenablog.com

 

記事を公開したのはその3日前になります。SNSからちょろっとアクセスがあり、検索からも若干来ていますが、サイト全体のPVは1日150人程度でした。しかし、アクセスは少ないけれど、もともと私のミニサイトは、「じっくり読まれる」「ぐるぐる周回される」という特徴がありました。特に内部リンクを頑張っているわけではありません。

 

 

そこで、滞在時間がこの記事だけ7分になっているのを発見し、29日の朝、「滞在時間7分になってる」というコメントとともに、記事をSNS(ツイッター)にポストしました。

 

すると、それを見た私の相互フォロワーである、テック業界のインフルエンサーが、コメント付きで再シェアしてくれたのです。朝8時のことでした。そこで、一気にリアルタイム30人になり、昼休みの12時~13時には、リアルタイム300人になったようです。

 

その後、15時頃に、関西大学の法学部教授が、「大学生向けに」というコメント付きでシェアしてくれ、そこから関西方面で実名にて活躍してるがリツイートしてくれ、加速していきました。

 

※私はいまいちアナリティクスの見方に精通していないので、根拠とするデータが間違っている可能性はあります。しかし最低限調べて、書いてる次第です。

 

バズには理由が

 

朝の7時にポストし、8時ごろに拡散されだしたのも大きかったと思います。

 

そしてこの記事は、「統合失調症 付き合い方」というキーワードを狙ってのものです。さらに、一般向けに書いています。それまで私は、持病を抱えた当事者に向けて情報発信していました。

 

しかし、「付き合い方を書いてほしい」という要望を受け、さらにはこのキーワードで検索数がある程度見込めることから、今回は一般の人向けに記事を書きました。

 

ヨッピーさんも言っています。

 

「山梨の記事を書くとき、山梨の人向けに発信するとターゲットが少ないけれど、『東京から3時間!』というふうに、人口の大きな東京をターゲットにして書くと、バズが起こりやすくなる」

 

という話を思い出し、病気の当事者という少ない人口ではなく、家族や友達、身近な人に向けた記事を書きました。

 

ひとりに向けたペルソナ

 

そして今回は、たったひとりの人に向けて、書きました。ペルソナはひとり。死んでしまった私の親友です。私が病気になったとき、そばにいてくれたこと、そしてしてくれたこと、できなかったことを補完するように、ひとりかつ、親友にむけて書いたものです。

 

さらに、大切な誰かに寄り添うことは普通の人なら誰しもしており、その人が狂ってしまったら?ごくごく身近な人の窮地に、どうやって寄り添えばいいの?そんな困惑している状態をターゲットにして、とことんシーンまで絞り込みました。

 

ミニサイトの滞在時間は最大9分、平均4分39秒で読ませるブログ運営

アナリティクスのデータによると、バズった日は、滞在時間がなんと9分になっています。翌日である本日のデータをみてみると、平均4分39秒。これは読まれているといってもいいのではないでしょうか。

 

もともと、悩みが深いテーマを扱っている上、ここにしかない「病院への誘導の仕方」など、私が数年かけて温めてきたネタをここぞとばかりに投入しています。ミニサイトの場合、私は1記事1メッセージを徹底し、そのメッセージを軸に、おかしくなってからの時系列を展開しました。

 

とにかく、自分が悩みに悩んでいることを、なんとか前向きに、オリジナリティを持って書くこと。これが一番難しいものの、悩み抜いていることを書くことが大切ではないでしょうか。

 

※ちなみに、アフィリンクも仕込んでいます。クリック数は何百もありましたが、一般向けなので発生はありませんでした。しかしアフィリエイトサイトでも拡散されてバズることがしれたのは良かったです。

 

直帰率69.45%の「夢中にさせるミニサイト」づくり

 

バズが落ち着いた今、全体の直帰率は69.45%になっています。一時は50%になり、来た人が他の記事、他の記事とぐるぐる周ってくれたようです。

 

バズが起こる前から、私のミニサイトは直帰率が低めなのですが、この背景には、「世間の常識に反し、安全を訴えるコンテンツ」であることが関係しているのではないかと分析しています。

 

危険である、世間に偏見がある、そして読み手自身も差別心を持ちがちなテーマに対し、安全なコンテンツを提供したこと。平穏な着地を心がけたことが、「そうだったのか!」というカタルシスを招き、ぐるぐると「他の記事はどんなの?」と思うようなサイトに仕上がったのではないかと思っています。

 

メンテナンスを考慮してデザインは本ブログと同じでもOK

 

今回はミニサイトの運営についてです。本ブログでアクセスを集めている記事、特に集中して読まれる記事って絶対にでてきますが、そうした記事というのは、運営者にとっても執着を持って書かれた記事であることが多いのです。

 

それをスピンオフして、ミニサイトを作ります。私はワードプレスはハッキングが面倒なので、はてなブログでやりましたが、はてなは、はてぶがつくので初期から拡散されやすいというメリットもあります。ただし独自ドメインにしないと無料アドセンスがもう使えないのと、辛辣なコメントがつくことがあるのでよし悪しです。

 

そしてワードプレスのブログでもなんでも、メンテナンスを考慮してデザインは本ブログと同じで良いと、『ミニサイトで儲ける方法』に書いてありました。私もおなじデザインを使い、とても使いやすくしています。

 

最大の勝因

 

これまでもバズったことはありました。芸能人にシェアされて1万PV、はてなブックマークで2万PV。クライアントワークではYahoo!トップで50万PV、そしてNewspicksで15万PV。

 

しかし今回はまた別の経路、Twitter経由でのバズでした。おかしなコメントもついていません。その最大の要因は、「一般向けに間口を広くした」こと。そして、「大人が拡散してくれた」ことです。

 

拡散してくれたのは、40代、50代の実名で社会的地位もあるインフルエンサーさんたちでした。自分の子供がこうなってもおかしくない、妻が、夫が、こうなってしまったら・・・そして社会的地位があり良心的な人たちにリーチできたのが、ミニサイトのバズを起こした最大の要因だと思っています。

 

今回は以上になります。はてぶ、Yahoo!トップ、Newspicksでのバズの違い、そしてなぜ今回、関係ない本ブログのPVが倍になったのかなどの分析は、また改めて行おうと思っています。

 

 

スポンサー