千葉市かずInc.(名もなきライターのブログ)

2018年は思想の最前線を追いかけていきます。すっころんだらご容赦を。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

お部屋の片付けは思想である

f:id:toushitsufukei:20180707051549j:plain

 

「ミニマリズムとは執着から逃れること」

 

思想的にエッジが効いた本を読みました。「手ぶらで生きる 財布と見栄を捨てて、自由になる50の方法」です。ミニマリストとして有名な“しぶ”さん。なんと100万PVもあるんですね。ミニマリストってそもそも思想が偏りすぎですよ、でもめっちゃくちゃ面白かったです。

 

 

スポンサー

 

 

床で寝る

 

布団がなくてフローリングで寝るとか、面白すぎるでしょ。たしかに、私もおばあちゃんに「寝るならベッドじゃなくせんべい布団が良い」と教わったことがあります。だからベッドより床のほうが健康に良い理論。寒くないんですかね?

 

途中で寝具を買ったというような記述がありますが、床で寝るのはやりすぎですね。せめて寝袋は使ったほうが良いと思いますよ。ハムスターだって、穴ボコで寝て、剥き身では寝ないじゃないですか。

 

食べるものも着るものも、固定

 

毎日同じものを食べて、同じものを着る。これも思想の著しい偏りを感じ、面白かったです。玄米・さつまいも・野菜の味噌汁・サバ缶・アボガド。いや確かに健康には良いけどね。私は最近、体調を崩して自炊をしているので、この食生活の章は非常に参考になりました。大切なのは少食と腸で、しぶさんはアトピーも収まったとのこと。ちょっと真似してみようかな。

 

着るものも同じってのはすごいですね。ユニクロとGUってところが、若さですね。たしかに旅先でも買い替えできますが、ちょっと素材が悪すぎないかと私なんかは思ってしまうのですが。

 

60万以上の貯金はぜんぶ恩送りする

 

なんとなく、ミニマリストというとモノを断舎離してそのかわり金が貯まった!ってドヤっている人のようなイメージでしたがしぶさんは違います。1年間の生活費をのぞいて、全部使っちゃってるのだとか。

 

ブログ収入がいくらあるかは明かされていませんが、雑誌に取り上げられたり寄稿したり、PVも相当あるでしょうから生活費7万円以上の収入はあるはずです。のこりを人にまわして、自分に信頼を貯めるという。興味深い価値観です。今どきの20代の価値観と、極小主義が融合してミニマリズムですね。

 

“好き“ではなく”大大大好き“で選ぶ

 

いま、「好き」で生きる時代です。でも、好きだけで選ぶと無限にものが増えてしまう。だから、「大大大好き」で選ぶことが良いとしぶさんは提案します。確かに、好きだけじゃあやってけない、大大大好きで選ぶこと、か。

 

これも非常に参考になる考え方です。

 

お部屋の片付けは思想である

 

とにかく、部屋が散らかりがちで余計な時間が取られていて、ストレスもたまりがちな私にはとてもためになった書籍です。普段、リサイクルするので本はメルカリ行きなのですが、この本は繰り返し読みそうな予感がしたのでKindleで買いました。すぐ読めるし大正解。

 

お部屋片付けって、思想なんですね。究極のミニマリストでも、無理をしない、自分が幸せになることを追求し、失敗もさらけだしながら歩んでいく過程が読めて非常に面白かったです。

 

いやあ良い読書しました。Amazonレビューはあてにならないですね。直感で選んで正解です。

 

 

 

スポンサー